2021-06-09

学生のころに読んだ詩の作者が思い出せない

しか戦時中に書かれた詩について評論した本に載っていた。

戦意高揚意図した詩で勇ましいもの

その詩人戦争に協力したとして戦後も叩かれた。

しかし作者の死後、その詩を反対から読むと実は反戦詩になることが判明した。

というエピソードとともに紹介されていた詩。

へぇ〜と思って読んだんだが、その詩人が誰だったのか思い出せない。

それらしいキーワード検索してもそんなエピソード詩人も引っかからない。

評論じゃなくてフィクションだったのか、それとも自分妄想なのか。

たまに思い出して調べるけどやっぱりわからない。

追記

確認しましたが五木寛之ではありません。

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん