2021-06-08

anond:20210607234817

B.B.バーニングブラッド

ボクシング親友に勝てない主人公やさぐれ戦場に出向いて人殺し回ったあとで雷神(エミタイ)と呼ばれて帰国親友と対決するが、親友は山の中で仙人みたいな修行ばっかして余裕ぶっこいてる雲上人。これにパンチが当たらず、「もう殺す」とか親友殺意を向けるが、どういうわけかクリーンファイトに目覚めて打ち合うという話。

結局ボクシング人生を棒に振ったようしかみえない。傭兵になるまで思いつめなくてももっと他に人生はあったよ、という優しい一声が欲しかった大作。

Yawara

つねに「ぐは!」と言いながら投げたり投げなかったりする漫画ラブコメ要素があるけどまあ普通漫画だと思う。最終話掲載ビッグコミックスピリッツがうちの倉庫に眠ってます。表紙はゆうきなえじゃなかったっけ(違うかも。調べろ。嫌だめんどくさい)。松田さんが日刊エブリーという雑誌記者だったことを何故か覚えてることと、アニメ版1話パンチラ強調しすぎ。永井真理子は良い。以上。

北斗の拳

北斗イメージと言えばパチスロパチスロといえば北斗というくらい某所得層に残った漫画だが、笑えるエピソードが多すぎて元祖シリアスギャグ漫画家な、と思っている。シリアスギャグ漫画の二大巨頭は『カイタン』と『彼岸島』なんだけど、思えば北斗もわりとね。ただあまりにも出来に開きがありすぎるので原先生に失礼だと思う。

き、気持ちいいぜ~ぴやばっ

竜田一人いちえふ

某所の某電力の原発漫画第一人者だが、古舘伊知郎と絡んで以降当人特にマンガで食ってゆく意思がなく、リタイアぶっちゃけプロの目があったと思う(まあめちゃコミとかRenta!とかそういう系列だが)。

記事への反応 -
  • その時代を代表する漫画というよりも、当時はめちゃくちゃヒットして誰もが知ってるような存在だけど、 今となっては誰もその漫画のことを語ろうともしないみたいな漫画。 個人的に...

    • B.B.バーニングブラッド ボクシングで親友に勝てない主人公がやさぐれて戦場に出向いて人殺し回ったあとで雷神(エミタイ)と呼ばれて帰国。親友と対決するが、親友は山の中で仙人み...

    • 言うてGTOはドラマもヒットしたし続編もいまでもやってるし語られるほうやろ。 「ツヨシしっかりしなさい」とかちゃうん。

    • スクールランブルかな

    • GTOは湘南純愛組!がアマプラでドラマ化されたばかりみたいだよ http://younggto.com/ ホワッツマイケルあたりがそんな作品かなと思ったりもしたが、まだ語ってる人いるのかな

    • つよししっかりしなさいが出たので掲載し繋がりで ホワッツマイケルとか ゴマちゃんとか あのへんもずるずるっと出てきた

    • 90年代の小林よしのり「戦争論」と「脱正義論」

      • あれは漫画として寵児になったと言う感じじゃないし……

    • 海外では今も根強い人気があるよGTO

      • アジアを海外と雑にくくるのはよせ

        • ・フランス新聞「ル・モンド」が発表「日本の傑作漫画20選」 これにGTOも選ばれてる。2010年代を代表する黒人シンガーのFrank Oceanの漫画コレクションにもGTOがあった。

    • 伝染るんです。 リアルタイム世代じゃないのでピンとこないが 社会現象として扱われている文が2,3あるな。 ガキの頃ファミコンになってたのは覚えてる。

      • 『伝染るんです。』よりはその前にスピリッツ巻末で連載していた『コージ苑』のほうかも

    • もう忘れらているので、増田は誰一人として知らないと思うけど、「オバタリアン」とか。

    • 普通ならこんな露骨な拡散しようとしてる奴いたら、それだけで叩いて黙らせようとするはずなのに、そのために拡散されるのも嫌がって一切沈黙とかw まあこういったから途端に叩き...

    •  イケメンの為に娼婦になるような女は、イケメン以外の男など人間とさえ思ってないから、夫だろうが平気で毒殺できる。  イケメン俳優やアイドルに投資をさせるためだけに結婚す...

    • 光とともに…ってそこまで知名度なかったっけ ドラマ化までしたけど

    • これは「あさりちゃん」やろなあ

    • おぼっちゃまくん

    • 「およねこぶーにゃん」「GuGuガンモ」とか。1980年代に席巻した動物キャラ漫画は、1990年代以降に急速に古臭くなって、ほとんど読まれなくなってしまった。

      • 物まねを振られた女性タレントがとりあえずガンモの物まねしてた時代があったよな 今のクレヨンしんちゃん枠

    • ドラゴンヘッド はちょっと違うか

    • 少年アシベ ゴマちゃんゴマちゃんうるさかった思い出

    • ワニ「何日経てば忘れてくれるんだろう…」

    • 満寵 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 満 寵(まん ちょう、? - 242年3月)は、中国後漢末期から三国時代の魏の武将、政治家。字は伯寧。兗州山陽郡昌邑県の人。子...

    • CLUMPのXかな 1999年を過ぎたら読めない

    • 「だめんず・うぉ~か~」とかマスコミが面白がって取り上げた漫画

    • GTOって当時のバラエティ番組の空気を感じる 今はあのテレビの価値観が万人に通じなくなってて誰かに話しても一発で通じないみたいな

    • 難しいな……レイヴとか?

    • 宮谷一彦かな。古いけど

    • 大抵の人気少女・女性向け漫画。少年漫画より高い頻度で年に何作か実写化されてるし、当時としては豪華キャスト(売れっ子ジャニーズとかアイドル女優とか)が出るしそれなりの利...

    • ぼのぼの とか、オバタリアン とか

    • didn't age too well的な?

    • To-yは…主人公が作中で時代の寵児的な扱いだっただけか

      • 吉川晃司似のライバルキャラ「・・・コイツ、音をオモチャにしてやがるッ(悔しいですぅ!)」(苦笑)

    • がきデカ まことちゃん ふしぎなメルモ

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん