2021-05-09

anond:20210509060625

素晴らしい。

全て間違っている。

大前提として多くの貧困者には家族がいる。

4人家族全員だとすると300円を4人で割ると75円だ。5人ならば60円だ。

この時点で生活が苦しいと言うのが分かるだろう。

最低賃金の上がるペースが遅いにも関わらず政府増税を何度もしてきた。

貧困層の所得税自体が低いにしても、消費税によりあらゆるものが値上がりしてきた。

しか収入は増えずに貧困となる。このような状況下にありながらも家族で慎ましく生活しているものがいる。

では元増田はどうなのかといえば300円で生活ができるから楽勝と言ってるだけである

では1日60円~75円で生活をしてみれば良い。

それが出来たら元増田意見を誰もが認めることだろう。

1人の場合はなぜ貧困なのか。

それは無才だからだ。

無才というのは考える力、将来に対する未来というもの考える力を持たない場合がある。

これは現代学校教育が単に勉強だけを教えており働くことや将来というものについては何も教えないからだ。

実際に会社で働くことを前提の教育ではないため、将来はどんな風に生きればいいのかよく分からない、

から誰でもできる仕事というもの就職する方向性に行ってしまう。

これを自己責任で済ませてしまうとこれから考える力を持たぬものが育ち悪循環が生まれしまう。

よって本来は働く行為というのがどういうものになりどう生きるのかというのを学び取らなければならない。

中学を、高校を、大学卒業したらいきなり全く別な環境、つまり資本主義社会に放り込まれる。

既に行われている競争に参加することになるが、どんな場所加かもわからずに働き、ただただ疲弊していく。

それも低賃金で。そして転職への意欲が見いだせず、加齢とともに弱っていく。

こうして弱った人はさらに弱り続け、低賃金しか働けない貧困が発生する。

考える力自体が残っていても考える気力が無く、そして常に苦しみ続ける。まるで刑期のように。

なぜそんなこともできないのかと人は言う。

しかし、なぜそんなことができないのかをなぜ考えないのか。

それが社会強者、つまり資本主義社会の中核者だ。

苦しい人の気持ちが分からない。ただサボっているだけ。やる気がない。

これは偉い人などが最近の若者はやる気がないとか、高い立場にまで行った人が努力が足りないというのと同じ事だ。

自分はやれた。自分はやってきた。だから周囲もそれをやることを要求する。パワハラと同じだ。

なぜ貧困が生まれるのか。なぜ貧困お金を稼ごうとしないのか。なぜ貧困はそんな無駄な事をするのか。

ただそれを言うだけだ。

ではなぜ貧困が生まれないようにして貧困お金を稼げるようにして貧困無駄な事をさせないようにしないのか。

このような道徳的思考が欠如している。それが資本主義の中核層である

日本政府にも同様の思考を持った者がいる。

何も努力をしていない人間を救う意味などないというのである

結局のところ、誰もが平等にならないようになっているのが世の中である

そのような世の中の仕組みがある中で、貧困者を見下し、救済しないということもない。

それこそが生活保護である

最悪、生活保護があるからなんとかなるだろう。

しかし多くの人が生活保護の需給資格がなく、低賃金疲弊しながら働いて日銭を稼いでいる。

正に辛い世の中である

そのような辛い世の中を低賃金でも生き抜いている人に対して無慈悲言葉元増田はかけているだけだ。

努力だの根性だの頑張りが足りないだの何もしていないだのサボっているだの勉強しろだのそういうものは勝者の弁である

勝者しかいない世の中は今後も継続されると思うが、絶対的な勝者ではない。

なぜなら弱者の方が勝者よりも数が多いかである

いつだって逆転する可能性がある。

そのようなことをきちんと考えられるのであれば、冷遇せず、真っ当に生きられるような制度を充実させるべきである

貧困者は貧困者なりに一生懸命生きている。

よって生きることを否定してはならない。

そして貧困者は頑張っていて何も悪くはない。そして正しく間違っており苦しんでいる。

ただそれだけだ。

  • この貧困者はバカになるからしゃーないってのも聞き飽きたな それならあんたの言う間違っている人間もアホなんやからしゃーないやろ、許したれ あんたがアホに御高説垂れるのもアホ...

  • いいこと言うなぁ・・・ プリントアウトして社内で配りたい こういう考察ができる部下になってほしいわ

  • そして貧困者は頑張っていて何も悪くはない。 ダウト 貧困者は概ね人間性がカス 平均的人間性があれば救いの手が差し伸べられるし、差し伸べられた手を拝受するだけの甲斐性があ...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん