2021-05-07

干渉母親&無関心な父親というコンビが生まれ理由

社会不適合者養成装置として名高いこの家庭環境, これは生まれるべくして生まれている.

まず教育に無関心な父親というものは, 共感性が低く義務感や責任感に乏しく, 異性から積極的好意を持たれるタイプではない.

こんな男と結婚して子供を作ろうというような女は, えてして支配欲が強く, 他人特に弱者(非モテATM夫, 子供)をコントロールすることに抵抗がないタイプだ.

結果として, 表題のような家庭環境が生まれることとなる.

父性を知らずに育った息子は父と同様な腑抜けたデクノボーとなり、娘はオスの匂いをプンプンさせた性欲ジジイ身体を売ることになる.

負の連鎖は止まらない.

  • それは数十年前にお見合いという制度によってなされてたのでは?

    • 自由恋愛市場ならば尚更, 無関心夫が子供を作るような機会を得るのは相手が過干渉妻である場合が多くなる.

      • 何で過干渉妻が自由恋愛でそんな男選ぶんだよw そもそも最初の前提からして疑問だけどな 非モテが自分の非モテっぷりを親のせいにしているだけに見える

        • 絶対数の話じゃなくて割合の話な. 婚姻件数の絶対数が激減してるのは周知の通り. 結婚して出産する人数が減っている中であるにもかかわらず非モテ男が子供を作るという事象が発生し...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん