2021-05-06

弱者男性というと、最近はてなで話されてる定義とは違うかもしれないが、小・中学校の時のクラスメイトを思い出す。

比較的臆病で、運動が苦手で、身体の動かし方に特徴があり(挙動不審と言われていたが、俺はそうは言いたくない)、何か意地悪されてもボソボソとだけど言い返す、という感じで悪い事はしてないが、おそらく一部の表面上のコミュニケーションの心地良さを求める人間にとっては、キモいとか癪に障るというタイプだったのだろう。

そのクラスメイトは、男女問わずスクールカースト上位層からいじめられてた。

男のいじめっ子は殴る蹴る。女いじめっ子は物を隠したり汚したり給食ひっくり返したり服を脱がせたり。

これから俺が思ったことは2つ。

1つは、表面上のコミュニケーションの心地良さってそんなに正義であり、逆にそうでなければ悪になるようなものなのか?、ということ。

例えば、表面上のコミュニケーションの心地良くないか恋愛対象にならない、は理解できる一方で、殴ったり意地悪したりは正当化されないだろう。

はてなでも、弱者男性に女を割り当てろ、という言説に対して批判することは理解できる一方で、弱者男性コミュニケーションに弱かったりすることだけで批判したり嘲笑うことは許されないと思っている。

もう1つは、いじめるのは男女ともに一部の強者であり、いじめられる弱者もまた男女限らず存在するということ。

フェミニズムによってまるで男性全てが強者女性全てが弱者であるかのような言説が広まったように感じるが、実際には男性にも弱者はいるし、女性にも強者はいる。

弱者男性はそれへの反発で出てきた声なのではないかと思う。

女性をあてがえ、という言説は論外だけど、男性全てが強者ではない、弱者男性いじめるな、という声には真摯に向き合っていくべきだろう。

追記:

一番言いたいことを書いてなかった。

結局のところ、強者弱者というのを男女という属性で雑に括るのは止めようと言いたい。

存在するのはその状況それぞれにおける強者弱者であって、全てにおいて男女で分けて雑に語るのではなく、丁寧に問題をひも解いていかなければ無用な反発が生まれるだけだろう。

  • 下着一丁で出歩いてるいる人を見たら不快に思う人がいるのと同じで、表情とか振る舞い方にも最低限のドレスコードみたいなもんは存在するのよね かくいうワイも学生の頃とあるイベ...

    • 不快であるならば、距離を取って関わらないでいれば良いのであって、暴行したり誹謗中傷していいわけではない、という話だ。 その点、下着一丁で出歩くというのは軽犯罪になる罪で...

      • 天下り式に軽犯罪だ、と言っても根底は不快感とか暴力性を感じさせるとこにあるから同じ問題ですよ あなたは自分の意固地な態度が犯罪と同じスペクトラム上に存在すると認めたくな...

        • 天下り式に軽犯罪だ、と言っても根底は不快感とか暴力性を感じさせるとこにあるから同じ問題ですよ お前すごいな、法治国家に住む国民の資格無いレベルだぞ。 法律ってのは明文化...

      • 不快だから暴力ふるっていいとか一言も書いてないやん

  • これにいじめ加害者は弱者だというコメントがついてるがそんなことはないよ。 同級生を見る限り結婚できてるのはいじめ加害者ばかりだから。

    • いじめられる側は社会性が欠けてるから 他人と一緒に暮らす結婚生活には向いてないだろ

      • いじめやDVを平気でやる社会性がないと結婚はできないんだよな。

    • 当たり前だ。暴力振るったり、押しが強いだけで「きゃー素敵~」ってなる馬鹿女は一定数いるからな

  • 女性差別反対ってのは「女性であることで被る被害」「女性性にまつわる差別」を解消しようって話なんであって、いじめは男女関係ないからといって女性であることで一括りに弱者と...

  • 相手が空手をやってようが体重が倍あろうがドライバー一本で逆転できるのだから、やり返さないやつが悪い チビだろうがガリだろうがプラスドライバーで反撃する奴はいじめにあわな...

    • そのとおりパワハラ上司もプラスドライバーでどうにでもなる やるかやらないか すぐやれ

      • しょせん人間 イノシシやクマではないのだから、針金一本で勝てる

  • 大分周回遅れだけどここから説明しないとわからないやつもいるんだろうな。 男性にも女性にも弱者はいる。あたりまえ。 弱者を虐げてはならない。これもあたりまえ。 でも弱者男性...

    • でも弱者男性はキモいし女性を攻撃するし キモい←弱者男性を差別する理由にはならない 女性を攻撃するし←何割の弱者男性が女性を攻撃してるんすか?

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん