2021-04-30

就活顔面コンプが蒸し返される

とにかく顔面コンプだけで生きてきた。

同じ高校で、在学中はあまり接点がなかったけど進学先が同じだったこから高校の終わり頃から仲良くなった人に告白されて、大学入って少し経った頃に付き合って3年位経った。

彼は私の顔面へのコンプレックスをよく理解していたので、とにかくかわいい綺麗顔が好きと、ひたすらに顔を褒め続けてくれた。

おかげで中高ずっと暇さえあれば美容整形について調べ続けて、親の承諾書が要らない年齢になったら美容整形しようとしていた女の容姿コンプレックスは、数年をかけてようやく穏やかになってきた。

しかしここで就職活動というクソイベントが発生した。

許せない。少しずつ積み上げてきた顔に対する自己肯定感が物凄い勢いで削られてゆく。もちろん自己肯定感犠牲にしても内定ひとつも無い。

自分が受けた企業10にも満たないくらい少ないから、全部日経225に入っているから、メーカーほとんどだから総合職から言い訳してみても、それでも自分国立理系だし、顔がよければひとつくらい採用されるよなと現実に引き戻される。

正直お祈りされるのは別に構わないので顔が理由じゃないとだけ、お祈りメールに書いてほしい。辛い。やっぱり顔?顔じゃないなら別にいいよ。可愛い顔が欲しい。顔が可愛いって言ってよ。

  • わかる。実際どうなんだろう。

    • 彼氏ができるくらいなんだから就職に影響するほどのものではないだろ 実力不足なだけじゃないか?

  • 実際就活はいろんなコンプレックスを刺激されて鬱になりやすいイベントだよね。 就活さえ乗り切れれば一時的な鬱で済むからがんばれ。

  • まったく逆だぞ 能力や人格の問題で落ちているのに顔のせいにできて現実逃避できる

  • ミニスカにピチピチのブラウスでスタイルをアッピール!

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん