2021-04-07

anond:20210407184404

訴えが認められるためにはかわいそうポイントを「女性」よりも多く持っている必要がある。具体的には3級以上の障碍が必須だろうね。

健常者男性女性に対して訴え起こしてもかわいそうランクで下だからよっぽど周到に証拠めし戦争しかけない限り絶対勝てない。

警察司法も女の味方、もちろん警察司法が「強者男性」に占められていることはその通りだが、女性というだけでとりあえずその強者男性加護される立場にあることを女性には自覚してほしい。

弱者男性人生にはそのような加護扶助もなく、すべては自己責任とされて死んでいく道しか与えられていない。

そんな社会個人にできる努力は、「自己責任」のもとで自分だけでも強者になるべく足掻くことしかない。

その具体的手段ひとつ結婚。すなわち、女という強者承認されることで、男である自分自身にも間接的に強者性を付与するということ。

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん