2021-03-31

要はインセルの望みの世界ミツバチのオスの一生なんだろ?

彼らの主張を統合すると「生殖価値を見出される存在

として男を評価してもらいたいそうだ

そこで高度に社会性が発達し、無駄が削ぎ落された昆虫の蜂を例に考えてみたい

ミツバチのオスは文字通り、「生殖以外の価値がない」存在であり、その結果が如実に示されている

  

繁殖期の季節にしかまれない

生殖出来ないとメスの働きバチからまれ、食料を与えられず死ぬ

・外に出てないと疎まれ嫌がらせされる

生殖出来ても性交が終わった時に死ぬ

ガタイが良く、産むのに適している女王バチとのみ生殖させられる

女王相手なので当然競争率が高い

・40日で死ぬ

・秋になると追い出される

 

なるほど、今すぐ実践してもいいんじゃないか?

産むのに適した強い女とセックスしたらすぐ死んでもらう

そうすれば社会リソースを割く必要もなくなるね

  • なんとかこれをインセルが主張する理想の世界ということにできないだろうか

  • オレはニホンザルの方がまだいいなぁ。 ひとつの群れは、複数のオトナのオスと複数のオトナのメスとそのコドモたちから構成されています。 オスはメスよりも少ないのがふつうです...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん