2021-03-20

実験と○○が一致しなかった場合言い訳英文

http://www.buturigaku.net/main02/Report/Reports046.html

要するに論文なんて実験結果と○○結果を比べて一致したとかしなかったとか論じるだけの代物。合わなかったときはそれっぽい理由を述べる。検証は将来のタスクとして先送りできる。審査官が先送りできないよぉ。直ちに検証しろやって言ったら、まあほかの学術誌に投稿しなおしだわなぁ。

どうせオリジナリティとか意義は、この種の実験は当該系では世界初であるとか今まで行われたことがないで担保するんだから

一致しなかったとき言い訳する必要があり、ゴニョニョ英文日本人には。。

日本語ゴニョニョ言い訳するのに適しているのでなんぼでもパターンが生み出せるが、英語場合はどうなんだろう?なんか気を使うというか負荷が大きいというかイナーシャがでかいというか。

原稿執筆におけるクリティカルパスになってるような気がする。

こういう時に日本人が好むパターン

実験結果と○○結果の不一致の要因としては現段階では分からないが、。。。。。。というのが理由として考えられる

だが、これを英訳するよりは、もっとバーッと

The difference between experiment and ○○ may stem (come) from several sources such as ....

とでもすればいいのか?学生実験じゃないので実験ミスとか結果がおかしいとか言っちゃうパンドラの箱開梱しちゃう

The looser agreement with the experiment is probably related to ....

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん