2021-03-09

自分がどのような音に囲まれていたのかを抜き書きしてみる。その12

https://anond.hatelabo.jp/20210228151512

父の趣味に、登山があった。

まだ私が転居する前、家の押し入れにはたくさんの登山グッズのほか、山岡荘八の「徳川家康」全巻があった。

徳川家康を読んだ記憶はないが、登山に関する本があったので読んだ。

父の趣味にひきづられる形で、何度も登山に行った。

これ以上山名前を出すと、完全に個人特定されるのでやめるが、山の難易度が非常に低かったことは言っていいと思う。

アイゼンを刺してどうちゃらこうちゃらとか、そんな高度な登山テク必要な山には上っていない。

Youtube確認してみても、たいしてみんな苦労してなかった。中には強く記憶している山もあって驚いた。

ただ、服装は準備した記憶がある。

山のサウンドスケープは、思い出すことがある程度できる。

耐寒訓練か何かかと思うほどのものすごく寒い日には、ほとんど物音がならない。みんな登る人は凍えているのが分かった。

晴れの日は、鳥がたまになく。

音楽家登山趣味の人は少ないが、アントン・フォン・ウェーベルンは山歩きを好んだといわれている。

ウィーンもあまり娯楽がなかったのだろうと思われる。

記事への反応 -

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん