2021-02-14

anond:20210214122825

少子化は次の生産人口を減らすから対処しないとならないな。MMTで使い得る子育て支援策があるのならしたらいいだろう。企業は次の生産人口が減ろうが関係ない。

それから新自由主義は事前の準備も否定しますよ。なぜなら、事前の準備というのは起きるか起きないかからないものから。まさに水害に対してのダムに対して石を投げまくったことだね。

そもそも水害は30年に一回の災害対応すべきか50年に一回の災害対応すべきか、100年の一回の災害対応すべきかという問題なので。

当然水害に対して企業ダム作るなんてありえない。儲からないし。

マスクの例についても政府がアベノマスクを作って配るなんて言ってもあんな物全然足りなかったし、不織布マスク設備投資をしての増産は続けられてたな。そして、その増産には政府補助金が大きく助けになった。政府の補助がなければもっと生産増強は遅れてただろう。

「わからないものはわからない」「ただし、企業は基本近視眼だし、確実に売上を上げるには近視眼にならざるをえない」ってことだ。

あと、大規模経済危機を迎えれば企業借金返済(資金市場への資金供給)含めてまず金をためこんで保身に入って設備研究投資をしないくなる。わからないもの否定して確実な利益を求めるということで、どんどん競争に負けていくということも含めてな。

新自由主義看板を守るために「君は新自由主義はわかっていない」「この役割新自由主義は認めてる」なんて言ってる用に見えるがね。

そんなものより、大規模経済危機を迎えると企業が保身に入って金を貯め込み設備研究投資をしないところを放置して不景気温存と産業劣化を招くこと。

企業リスクを取れるところと、企業リスクを穫れず政府がやらざるを得ない所があり、後者は確実に存在するということを無視することが新自由主義の重大なの欠点だという話だな。

そういう意味で、何が政府をしないとならなくて、何を政府がしなくてよいかというのはまずある。何よりも、経済を整えるということはまず政府がしないとならないという意味で、ケインズ主義ベースとなるな。

記事への反応 -
  • スタグフレーションは供給由来インフレってのはそうだし、起きてしまった後にはケインズ主義/MMTでもどうしようもない。 ちゃうちゃう 起こってしまったら手のつけようがないから...

    • 昔のケインズ主義は想定してなかったと思うよ。 まあ、それでもまず民間が設備研究投資をする石を持てる状態になるのはマイルドインフレが必要だから、MMTでまずそこまで引き上げる...

      • 昔のケインズ主義は想定してなかったと思うよ。 あぁ失敬失敬 君はMMTは古いケインズ主義と同レベルのものと認識してたんだね。 自分は歴史の教訓をもとに洗練されたケインズ主義...

        • 無論、そこには優先順位があるでしょう。 そもそもインフレとは何らかの財サービスの需要と供給の関係であり、インフレになっているということは不足している財サービスがあるわけ...

          • だから優先順位があるというなら、「MMTを財源に子育て支援!」なる妄言には反対しないといけないよね。   それと、 新自由主義は、政府の裁量を否定するから、政府が事前に供給不...

            • 少子化は次の生産人口を減らすから、対処しないとならないな。企業は次の生産人口が減ろうが関係ない。 それから、新自由主義は事前の準備も否定しますよ。なぜなら、事前の準備と...

              • それから、新自由主義は事前の準備も否定しますよ。なぜなら、事前の準備というのは起きるか起きないかわからないものだから。まさに水害に対してのダムに対して石を投げまくった...

                • そう、今の日本みたいに事後の裁量があると、実際は供給不足が起こるし、増産には時間がかかる。 増産のための補助金は「事後の裁量」ではないでしょうか?むしろ、裁量で支出を...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん