2021-02-06

妻が家事に譲歩したってモテないものモテない

当方37歳バツイチ

離婚理由性格の不一致パターンだが、相手から言わせると「人の心が無い機械みたいな嫁に愛情を与えられなかったから」、こちから言わせると「夫と姑によるモラハラ」といった感じ。

 

この元夫も、家事強要しない代わりに自分家事をしないタイプの男だった。

しかもそんな自分を「優しい良い夫」だと自負していた。

そのため、こちらに体調不良等の正当な理由がある場合のみ、食器洗いなどの家事手伝いをして「良い夫」という自己評価を上げていた。

ただしタブレット動画を見ながら行うので何をやっても結果は酷く、こちらはやり直しを前提に体調回復後の段取りを組んでいた。

コミュニケーション?何を何度言ってもアェアェ返事するだけで何も変わらない。聞くまで言うと逆ギレされた。

  

そんな家庭出身から、この増田↓の例えるような夫婦だった場合

https://anond.hatelabo.jp/20210205135230

「6が3になるなら、2にしたい自分コストは1になるからあいいか」という思いが一番に来てしまう。

もちろん「せっかくだから2まで落としてくださいよw」と言ってみて、それで実行して「ババーン!」とポーズ取ってくれるなら、それが一番ありがたい。当然などと思わず、心から感謝できる。

  

何が不満かというと、その程度の譲歩ぐらい余裕でできる自分が、モテもせず感謝もされず一生家畜の道を歩みそうな現実である

不満が日に日に恐怖に変わる。

ここまでの文章を見ての通り「自分だって悪くない」という自負があるため再婚活をしているが、

「世話ができんなら来ていらん」という対応を何度もされてきた。

  

仕事肩書きを見て食いついてくる人は多いが、残業が多くて平日は「飯・風呂洗濯・翌日の弁当の準備」で一日が終わる、と話せばスンッ…と引いていく。

「娯楽のない生活」と言われたこともあった。

元々が要領の良い人間ではないので、仕事育児家事もやった上で趣味やオシャレで稼ぐような人には憧れこそすれ近づけないし、そこと比べられれば劣るのは仕方がないとは自覚している。

  

それでも、何もしなくたって感謝され愛されている人は世の中にたくさんいる。

合わなそうな人をこちからお断りする際に「何も提供できるものが無い」旨を伝えると、皆あっさり納得してくれる。

友達からは「恋愛=提供」だという考えがヤバいと言われたけど、

だって無条件で愛されたいよ!!!

できることはやるけど何もしなくたって許されたい!他人への感謝も当たり前にあるし他人性格理解しようとする気もある!パンティだって多量にある!!

  

 

元夫がモラハラであることに気がついたきっかけは、

離婚直前に元夫は「後輩が自分尊敬していない」ことが原因で鬱になり休職していたのだが、

その時期に一度、元夫が家の鍵を持たずに出かけていた間に私が鍵をかけて出勤し、

元夫から電話を受けて鍵を開けに帰って遅刻したことがあった。

その時に上司冗談混じりで言った

「働いてない自分が取りに来るという発想はなかったんやなw」

と言う一言を聞いたときだった。

  

離婚の決定的な原因になったのは、元姑が世話不足と文句を言い込みに来たとき

家事そもそも家族笑顔のためにするものだ」と言われて

「そうですね、10年前のワタミが同じ事を言ってました」と返したときだった。

  

自分家畜グセがついてるのかもしれないが、そうだとしたらまた自分の直すべきタスクが増えるのでしんどい

お姫様メンタルで本当にお姫様扱いされてる人にどうやったらなれるんだ。

記事への反応 -
  • https://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1662758 この件だけど、家事やらない側の意見も言わせてくれ。 家事といっても色々あるが、一番議論になるのが掃除だと思うので、掃除に絞る。 俺も...

    • 当方37歳バツイチ。 離婚理由は性格の不一致パターンだが、相手から言わせると「人の心が無い機械みたいな嫁に愛情を与えられなかったから」、こちらから言わせると「夫と姑による...

    • 夫と妻が話し合って妥協点を探るという発想が間違い。 全て女性が決定して、男性が実行する。 これはわたし達フェミニストの総意。

    • 学生で結婚なんてまだ考えてないけど こういうの見るとマジで別居婚したくなる 同じマンションでフロア違いみたいな感じで、子供は日替わりで面倒みる感じ 実際うちの実家はそんな...

    • だから家事代行雇えって何回言えばわかるんだ 金で解決しろ

    • 二者個人間での対立ですので、お互いに納得できる妥協点を探る事が和解においての双方の義務と言えるでしょう。 ですが、「両親は子供のために最善を尽くすべきである」という規範...

      • だから、数値が低い方が子供ために最善であるっていう価値観が一方的だという話をしているのですよ 俺だって「子供のために最善をつくす」ことに異存はないよ しかし、じゃあ無菌室...

        • 読み返したがその意図は読み取れなかった 俺の読解力に問題もあるだろうが、お前の文章も悪いな 「清潔であればある程、子供のためになるか」の答えは一般的にNOだろうが、行き過ぎ...

    • 明示的にどのラインからどのラインまでやるか各々の家庭で合意を取らないと 察してベースの不可視の同調圧力にしかならんよな

      • これ。 元増田は「掃除の概念が違う」と言っているが、じゃあ掃除の概念をちゃんと話してすり合わせないといけない。   いけないんだけど、察してベースにしがちだからな、夫婦関...

    • 潔癖レベルの人にとっちゃ不衛生のレベルが4だろうが10だろうが不衛生でストレスでしかなさそう

      • トイレで例えると、 うんこの残りかすが1カ所でもきれいに掃除してゼロにしたい人と、 6カ所くらいまで増えたら3カ所に減らすくらいの掃除をすればいいと思ってる人 だろうからな。...

      • ワイ潔癖レベルやけど、そうはならんよ 自分以外は全く信用してないから全部自分でやる そもそも手を出させない

    • 大元のツイート、うろ覚えだけど「私も夫もズボラだったが、子供ができた。ズボラなままでは子の不利益になるから自分は頑張ってるのに、夫は相変わらず」って話だと思っていたけ...

    • うちは親がきれい好きで休日の朝から掃除機をかけたり子供に雑巾がけさせる家だったけど、低血圧で休日の午前中は大抵体調が悪い自分はつらかった。 家を出てからは、自分のペース...

    • でも1じゃないと命にかかわる発作を起こすイエダニアレルギーの子供がうまれたらどうするの? おわり

    • 全面的に同意。

    • こういうのって週イチで30分は一緒に掃除をする時間を作る、とかで解決できないの? 週イチで30分やればどんどんスキルも上がってキレイにできるじゃん。 汚くなって、気になっ...

      • ほんそれ 結局は4を争って「もう4だ」「まだ4じゃない!」を続けることになる

    • とかいいつつどうせお前が掃除した事なんて殆どないじゃん

    • うちは夫が3で掃除したがり、私は8まで気にならないので、結婚当初は大変もめた。私も元増田と同じように、「綺麗にしたい」のはあなたの勝手であって、綺麗=正義ではないから押し...

    • お前にとって6→3にするのが掃除でも 4→0なり1になることで快適さを享受してるならそれはフリーライドではあるだろう 勝手にやったことでもフリーライドはフリーライド ちゃんと話...

      • 勝手にものを与えて、それをフリーライドと呼ぶことを一般的には「恩着せがましい」と表現するよね。 話し合い妥協点を見つける責任は双方にあるでしょ。

    • 鈴木大介氏の著作を思い出した。 車に乗ったら車を必ず洗わなくてはならないという習慣がある家に育ったら、頻繁に車を洗うのが普通だけれど、そうじゃない家の人にとって見れば理...

    • これ書いたの私の夫か?ってくらい同じようなこと言いそうな内容で笑ってしまった。 そういう基準を自分でルールつけて動くタイプって、逆に言えばルール決めさえすれば動かしやす...

    • 理にかなってる。 子供がいるから埃が云々とか言うけど外に出たらもっと汚い環境なんだし。 健康を害さない程度に掃除すればいいだけだしね。

    • これは線引きがどのレベルかの問題じゃないにょ~ 汚くて兵器って言ってるのが女性(妻)か男性(夫)かの問題だにょ そして汚い女に萌える男もいるのでどの文脈でも結局妻は救済さ...

    • 離婚した旦那がこの考えだったなあ。 「家事は気になる方がやればいい」 結局、毎日掃除したい私と風呂場が赤カビだらけだろうと便器にうん子着いてようと気にならない元旦那が妥協...

    • 掃除という単一の係争点でもって話し合うと妥結するのはむづかしい だけど自分が譲歩してもデメリットが少ないけど相手にとってはメリットが大きい事柄を交換し合えばお互いWin-Winに...

      • ない 90-10 ぐらいで譲歩して終わり 損しかしないから口を利きたくないけどしょうがない。 人間は僕に損をさせるために生きているから、あまり好きじゃないけど 人間にうまれち...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん