2021-01-07

の子宮頸がん、子に移行 羊水に混入、肺がん

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021010700322&g=soc

この例は2組あり、いずれも肺がん発症したのは男児母子のがん細胞遺伝子を解析したところ、DNA配列に同じ変異があったほか、子のがん細胞には男性Y染色体がなかったため、移行したと確認された。1組目の男児免疫療法薬「オプジーボ」(一般ニボルマブ)で治療でき、2組目の男児は手術で肺がんを切除した。母親2人は出産後や出産時に子宮頸がんと診断され、その後死亡した。

母親は2人とも死亡。父親乳児を残され、片親育児をしていくことになったのかな。

子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス母親感染させたのは誰なのかな。

母親結婚前に付き合っていた彼氏貞操観念皆無のウイルス持ちの薄汚い男だったのかな。

それとも子供父親結婚前にヤリマン元カノがいたり風俗に狂っていて不特定多数との性交渉によりウイルスをもらい、妻に感染させて妻を死なせ、子供肺がんにしたのかな。

  • HPVは8~9割の人が感染しているごくありふれたウイルスなんだが こういう勘違いした奴が多いからワクチン反対論者が出てきたりと歪んだ扱いされてるんだよな

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん