2020-12-21

すべてのメディアこたつ記事に行き着く

いま話題こたつ記事を量産しているメディアにいる者だけど、メディア運用するとすべてのメディアこたつ記事に行き着くってことがわかるよ。

最初はどこもイキッて「うちはちゃん取材して記事を作る」って意気込むけど、最終的にこたつ記事をやらざるを得ないわけよ。

たとえばバズフィードだって最初はきちんと作り込んだ記事を作っていたけど、今じゃユニクロのこれがすごい、ローソンのこれがすごい、みたいな記事ばっかりでしょ?

それに読者は「面白いものよりも「知っている」ものを好む。発想が面白いものや考えさせられるものよりも、知っている芸能人話題や知っているコンビニの新商品記事の方がはるかに反応がいい。

メディアをやってみるとそれがはっきりと数字でわかるのでポリシーを変えざるを得ない。だって、読者はそれを求めているっていうエビデンス提示されるんだから

企業の紐付きでやってたオウンドメディアなんて見る影もないでしょ? 残っているところはリスティクル記事お茶を濁しているところだけ。

一時期、ライターが顔出ししてどこかに取材に行くような記事けっこうあったけど、いまぜんぜんないでしょ?

そういうメディアってどんどん閉鎖するか、路線変更している。

あれも結局コストがかかるわりにはリターンが少ないんで割りに合わないからやめるのよ。

だって打ち合わせ、撮影執筆をやるとなると、1ヶ月強はかかるわけよ。

ライターいくら払われているか知っている? 一時期イキッていたWebライターたちが単価を上げたので、一本20万とか取るわけよ。

それでリリースしてみて数千PV、よくて数万PVぐらいしか取れないの。これじゃ大赤字

それよりもこたつ記事を1日10本とかリリースしたらすぐに数万PVいくの。

メディアからしたら、どんな1PVも等しく同じ価値を持っている。

だってPV数で広告収入スポンサー記事の単価が決まってくるからね。

からどのメディア煽りタイトルやページ分割をやり始める。たとえば3ページに分割するだけで簡単に月間PV数は数倍になる。PVKPIにされてる担当者がやらないはずないよね。

それにどんどんテキストコンテンツ価値相対的に下がってきている。各種動画配信サービスYouTubeゲームに押されてはっきり言って風前の灯。

そんなとき数字も取れないし、金も時間もかかる記事を作ろうと判断する人はいない。星野源インスタグラム更新ハライチ岩井ラジオで苦言、みたいな記事をささっと作ってPVを稼ぐしかない。

朝日新聞さんは不動産収入があるんでまだ余裕あるんだろうね。でも純粋メディアマネタイズしなきゃいけないところはこたつ記事で煽るしか生き残る道はないのよ。はっきり言って。

  • バズフィードに関しては逆だぞ。 「バズ」と名乗っていることからも分かるように、 もともとバズ狙いのくだらねーGIF画像とか 「○○のための10の方法」みたいなクソまとめ記事を量産...

    • 新参さん? 初期のバズフィードがどんだけイキッてたのか知らないのね。

      • バズフィードがアメリカのウェブサイトであることも知らなさそう

      • 本家アメリカのバズフィードはクソみたいな記事のまとめサイトだったのよ。 それを日本側がブランド買ったときに、クソ記事まとめと一緒にきっちりしたジャーナリズムもやるという...

  • 特定した

  • だれだってしってるけど。

  • みんな貧乏が悪い。

  • そもそも雑誌からして実売ではなく広告でマネタイズしていたはず。 それが立ち行かなくなったのは大金を払う広告主がいなくなったから。 大金を払う広告主がいなくなったのは景気が...

  • 朝日新聞の記事も有料にするしかないって結論だったよね。

  • それって2chまとめサイトとか、転載アフェリエイトブログと何が違うんだろう?

    • なにも違わんw

      • どういうこと?

        • 取材せずに、ネットの情報を元に書いた、こたつ記事の究極系は、2chコピペブログとかってこと。 こたつ記事を乱発するメディアは、コピペアフェリエイトブログとほぼ同じじゃんみた...

  • こたつ記事ってこれのこと? https://magazine.cainz.com/article/24318

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん