2020-12-03

100日後に死ぬワニって100点満点コンテンツじゃなかった?

そろそろ今年も終わるし100ワニについて書きたい。

 

100ワニって内外の展開もすべてひっくるめて完璧な100点満点コンテンツじゃなかったか、と俺は思う。

 

まず俺はあの漫画を、「こいつらこうやってほのぼのしてるけどもうすぐワニ死ぬんだぜ……それを俺たち読者は知っているがこいつらは知らない……ぐふふふどうやって死ぬのかなあ100日目が待ち遠しいなあ」っていう自覚的悪趣味を噛みしめながら楽しむものだと思ってた。俺の周囲でも、とにかく「あと○日で死ぬね!どうなるんだろうね!」って言いながら漫画のものは全部読んでない連中(最期の三日間くらいだけ読んで大騒ぎする)が大半だった。

 

から100日目のあの「祝☆逝☆去」どおおおおおおおーん映画化決定グッズ化もりもりー!!!みたいな展開も含めて「だよねー!そう来るよねー!」と楽しませていただいたのだが、世間的にはなんか泣けるコンテンツとして受け取ってる人も多かったみたいで文化の違いにびっくり。世の中色々な人がいるんだな。悪趣味人間のまわりに悪趣味人間が集まるってだけの話だったか

 

でもあれってどう考えても連載中のライブ感が命のコンテンツで、その後展開しようがないじゃない。絵とかキャラとしての魅力は特にないわけだし。

から、どうやら書籍はかなり売れたようで作者にはきっちり利益をもたらし、流行に乗っかろうと寄り集まってきたセンスのないクズ企業はそろって大損こいて教訓を残してくれた。映画も、まともな営利感覚があるならこのまま黙って企画頓挫フェイドアウトさせるだろう。ただでさえ体力の無い邦画業界リソース無駄遣いは防がれた、はずだ。たぶん。

おまけにあの毎日更新カウントダウンモデル模倣やすくけっこう効果も高い。100日後打ち切りみたいにすでにまあまあの成功フォロワーも出ているかクリエイター業界にだけはプラスの影響を残すことができた。

 

テンよし中よし仕舞いよし、100点満点のコンテンツだったと言えよう。

 

 

※なんか真意が伝わってない感ありありのブクマがたくさんついてるので追記

締め方が悪かったとか映画化ぶち上げるまでに時間をおけばよかったとかそういう世間で100万回くらい繰り返された見解にそれ違うんじゃない?というのがこのエントリ意図だった。締め方も含めて完璧だろうと。

だってしめやかに追悼期間を一週間とか49日間とか置いてから注意深く各種企画を発表してみ?

それでグッズ売れたと思う?今の現状と同じくどうせ売れんよ。みんな忘れてるよ。そういう種類のコンテンツじゃなかったから。

しか炎上はしないわけだから「泣けるコンテンツ」っていう幻想が壊れないまま映画企画が進行しちゃって大コケ確定の映画がほんとに作られちゃったかもしれないよ。惨劇だろ。だからああやってワニ死亡直後にぶち上げて後腐れ無く焼き払うのがベストだったんだよ。作者も世間の反応見て大笑いしてたと思うよ。これなんの根拠もない憶測だけどあの作者絶対に俺と同類ブラックユーモアコンテンツとして描いてたと思う。途中からなんか泣けるコンテンツだと思って寄ってきた客をだますために友人が死んだエピソードとか死を想うのがどうのこうのとか言い出してたけど絶対に肚ん中でゲラゲラ笑ってたと思うよ。頭良さそうな人だからな。

  • 作者の言動なんかから見て 作者は全然権利持ってなくて金もろくに入ってないと思う

    • 本の印税は入っただろ もっと大儲け出来る予定だったのに、と思ってれば不満足かもしれないけど 元々書籍化してそこそこ売れれば御の字程度のものであってキャラグッズまでバカ売れ...

    • 1000円の本が35万部(ちょっとぐぐって出てきた5月の数字だから今もっと伸びてるかも)だぞ 最低でも3500万円稼いでる

      • 一般的なマンガ本の印税って言うのは何%なんですか?

        • 8〜10%

          • 1000円の本を売って、利益が著者には100円...。薄利多売なんですかね。みんなは、増田にどうしてためになる話を書いてくれるのかな。

            • 1000円の本を市場に出すまで、印刷代や編集、流通、デザイン料全部入ってるからな 作者の取り分としてはそんなもんだよ でも、売れれば売れるだけ、作者に入ってくるだけマシじゃな...

            • でも400円の本を1億部売ったら40億やで

  • 同意 100ワニに激怒!とか言ってる某ブクマカ、ほんとクソバカだと思うね そもそもワニは最初から悪趣味不謹慎コンテンツだっただろと お前は今までなに見てきたんだと

  • ちょっとズレるけど、ああいう大々的に、映画化決定!!て出してしまったものをどう畳むのかに興味がある。プロジェクトチームは組まれてるはずで、それがどこかの段階でこれは無...

    • エンタメ業界では予定をぶち上げといて諸般の事情により完全放置のままってのはよくあるよ クローズしましたって告知することに多大な痛みが伴う割に特にメリットないからな 相当な...

      • よくあることなんだね。 そしてそれ、内部ではどうなってるの? 100日ワニのチームに選ばれて、タイムスケジュールが組まれて、dueに向けてワークしてて、そのどこかの時点で進行が止...

  • あれって正義厨から「コラボカフェガラガラざまぁw」まで、どういう立ち位置から見てもそれなり以上に楽しめたからな 分断を煽ってばかりのこの世の中で、確かにコンテンツとして...

  • 犬猫鳥亀なんかだとペット厨が湧くから、ワニなら誰も胸が痛まないもんな。

  • 終わり良ければすべて良し 終わり悪ければすべて悪し

  • いいえ、100てんコミック掲載の作品ではありません

  • そうそう。 あれを感動コンテンツとして受け取ったやつらの気がしれない。 茶化してわちゃわちゃするのが正しい反応だと思うよ。 中身は無に等しいからな。

    • 公式グッズとか飲食店とか、その後の失敗とか作者のTwitterの言動とか、全部含めて作品だったんだろうなあ 自分で爆弾持って走って、自分が爆発するところを自撮りしたのが芸術作品み...

  • 100ワニ関係で一番気持ち悪かったのは 最終回前日まで持ち上げてた奴と最終回以降急に叩き出した奴が全く同じだった事 前日まで持ち上げてた物を叩く事に一切躊躇しないどころか今度...

    • 好きだった人の反感を買ったんだから当たり前じゃ… こういう、「叩かれる理由があるから叩かれた」って事を頑なに認めない人って何なんだろうな。

      • 前日まで楽しんでた物を次の日から叩き出すのがファンなのか 1日で変わるくらいの好きだったならそんな物なのかもな

        • 何しようが盲目的に全肯定するのがファン、と言われても

          • 好きじゃなくなったからそっと離れる って選択取らないタイプの人間は怖いな そっと離れるタイプの人間は目立たないのもあるんだろうけど

    • むしろ叩く奴が違った方がやばいというか、興味もなかった叩き専が集まってきて治安が悪いと思うが…。

      • 世の中荒れてるコンテンツってジャンル問わず叩き専が集まってる感じがする

  • 展開の進捗が共有できる現象的なヒットだったなら二度とそのタイミングが機能しない単行本は売れる必要性も意味も喪失してるので買わんだろ

  • 百点満点ということは 数百年後の人達がレオナルド・ダ・ヴィンチ以上の評価をするに違いないという風に見ているんだろうのは分かった

  • 作者がブラックユーモアコンテンツとして書いてた(つーかその後の映画化とかグッズ展開が特にそれ)のはみんなわかって楽しんでたのは? そして悪趣味なことと頭がいいことをイコ...

  • 今更こんな所までステマ来んの?本当に段取り悪すぎて謎なコンテンツ

  • はいはい。作者も、その真意がわかる増田も頭が良いですね。

  • 大体この記事に同意できるな。 けど、初七日ぐらい経ったところで映画化の発表する世界線も見てみたかった印象はある。 まぁ、それやったとしても増田が言う通り爆死したと思うけど...

  • 作者はブラックユーモアコンテンツとして描いてたんだろうけど、感動モノとして受け止められてそっちで人気が出てしまったってのはその通りだろうな しかし企画はどっちつかずで...

  • 100点満点なんていうから誤解される。 あの企画は失敗したが、だからといって後出しでイッパイ言われたような他の手段だったらもっと成功したか?というと疑問だから、炎上するか、...

    • でもなんか焼き畑農業みたいな感じだよな 作者は瞬発的には儲かったけど、信用は無くしただろうし読者からも「あの100ワニの人」ってのはついて回るだろうし 関連会社は勿論大損で、...

      • まぁ、三角コーンの奴とか100ワニあたりの界隈を 「ゴロ屋」だと認識して近づかないようにしてる層はいるだろうね

  • あれは作品は虚無に等しいようなものだから、空気を楽しめるかどうかじゃない? あの下品な騒ぎ方が良いと思うなら100点なんじゃないかな。 自分は最初から、何これ寒いなあ…食いつ...

  • >だから100日目のあの「祝☆逝☆去」どおおおおおおおーん映画化決定グッズ化もりもりー!!!みたいな展開も含めて「だよねー!そう来るよねー!」 これはコンテンツ外のことまで...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん