2020-11-24

わらわは大わらわじゃ!

何故かというと、PCがぶっ壊れたからナリよ。

昨日、PCスイッチを入れたがなかなか起動せず、「もう、そちの好きにするがよい」とHDDを読み込ませていたが、6時間近く経ってようやっとログイン画面を通過するという有様にさすがに根負けして強制停止。

リカバリディスク復元イメージを使って復元せんと図るも、OSあるいはアーキテクチャが違う云々と謎の妄言を吐いて任務を投げ出されてしまう。

原因をHDDの著しい不調と見てHDDを丸ごとフォーマットすることにし、その前に昔買った日経Linux付録UbuntuLiveディスクを使って、復元イメージを作ってからこっちに作ったファイルを外付けHDDに退避しようと思ったのだが、UbuntuHDDアクセスしてみたところ、パーティション分けしたうちのひとつ、Gドライブが読み込めないことが判明し、頭を抱える。

もう戻らぬというのなら、いっそ我が手で葬ってくれるわ!とGドライブを消去し、ファイルテーブル的な何かのクラッシュ故障の原因で、これがきっかけで正常化したりしないかな~、なんて甘い願望丸出しで再起動したところ、見事無事起動。

これにて、めでたしめでたし

はいかないんだな、これが。

さきの作業で直近の復元イメージ作成日が一昨年前であることが判明し、去年1年間に作成したデータがパア。説明しよう!Gドライブには、各アプリケーションの設定データ作成したデータが納められていたのだ!1年間もバックアップを取らんとは、いったい全体その間、何をやっていたのだ(激涙)!くだらねーこと言うためだけにブコメしてんじゃねーよ!アプリケーションはあるがデータがないという、自分が誰だかわからないが何をしてきたかは体が覚えてる記憶喪失殺し屋みたいなPCに、とりあえず一昨年までのデータ復元して与え、一年間のブランクを埋める作業に取り掛かったのだが、ここで復元イメージ内にウェブブラウザデータが何故か無いことが判明。いや、理由は判ってる。その時期、色々とブラウザを変えてたからだ。ブックマークなんかどうでもいいが問題なのはサイトサインイン情報で、このことある予測してパスワードテキストファイルに書いて暗号化USBメモリに月一で退避させてたのだが、もうひとつログインIDなんてのがあることを完全に忘れてて、いま各所の「ID、またはパスワードを忘れましたか?」というリンクを押して回っている次第。なにせ3つあるメールアドレスを無定見に使っているし、重複判定を突破するためだけに適当につけた名前IDもたくさんあって、わらわは大わらわである。その頃メインで使ってたブラウザを落としてきてサインイン情報を見りゃあいいんだけどね。

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん