2020-11-21

子育てと今の仕事って基本バッティングするよね

お互いに譲る気がないフローというか

それで今の時代仕事全盛期なわけよ

 

昔は違った

長期的に仕事=人手を増やすから子ども必要だった

人生の中に仕事があり、仕事の一環として子育てがあるという構図も可能だった(実際そうだったかどうかは置いといて)

今は完全に競合する

転換点は第三次産業かな?第二次産業

合計特殊出生率が激減した1950年代第一次産業率も激減してる

 

解決するには1個の家庭でやらずコミュニティ子どもを育てることで

それを仕組み化したのが幼稚園保育園

そしてそれは十分に上手く動いている

 

ただ、それでも残る幾つかの競合ポイントがあってそれを産休育休とかで誤魔化してる

でもこれは正社員会社という仕組みで解決してるもので、仕事キャリアという面から見ると解決できているわけではない

その少しの競合と、そもそも仕事子どもが競合していて「仕事に対してメリットがない」という点から当然ながら少子化は進む

  • 結局、女が働いて稼ぐより多くの子無し税を課すことでしか、少子化は解決せんのよな。

  • 人海戦術的な仕事が多いか、それなりの学習や訓練を必要とする仕事が多いかってことかなと思った。 昔は未経験・無教養可な仕事も多かったけれど、今はそういうのはもっと世界的に...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん