2020-11-11

anond:20201111171704

正直言うと色彩関係ってオカルト多いし(シュタイナーとかゲーテとか)

まあでも実際行ってみてある程度役に立ったなと思うし、理論も含めて面白かったヨ。

まあ科学ではないかもしれないけど役には立つよ。

記事への反応 -
  • パーソナルカラーの概念全然分かってないのがもろバレなんだが… やっぱ女の間で流行るものは全部バカにしないと気が済まないだけの知識ゼロの男がケチつけてるだけなんだろうか

    • 何色と何色を合わせたらどれくらい良いのか数値化できるんか? それはどれくらい科学的で、その時代の色彩感覚は全く反映されてないんか? パーソナルカラーを「なんとなくいいもの...

      • 講座行ったことあるけどロジカルだヨ 行ったことある? ないなら一回行ってからだね。

        • 講座行かなくてもパーソナルカラーに限らず色の合わせ方なんてかなり理論が確立されてるはずだよ。

          • 本当に現在のパーソナルカラー診断が正しいならアートだろうがグラフィックデザインだろうがインダストリアルデザインだろうが「すべての色はブルーベースとイエローベースに大別...

            • 正直言うと色彩関係ってオカルト多いし(シュタイナーとかゲーテとか) まあでも実際行ってみてある程度役に立ったなと思うし、理論も含めて面白かったヨ。 まあ科学ではないかもし...

              • あとRGB方式とかだっけ?ああいうのとかデザイナーさんも勉強するじゃんね。 あれ全否定はする気ないでしょ。

                • 現在は支持されない独自の色彩理論が何故か特定の業界のなかだけで大流行して定着してしまった、みたいな話なんだよな。 アドラー心理学がビジネスマンにやたら支持されてるのとか...

                  • アドラーは結構自己啓発の文脈でビジネス書よく出てて違和感あるよね。 色彩関係もそういうとこあるけど、 色合わせの時の基本としてトーンを合わせるとか実用として使える部分ある...

                    • アドラー派の精神科医でドイツまで行って勉強した人の話聞いたことあるけど 自己啓発みたいなロジカルさとかけ離れててもっとあいまいでアートっぽかったよ。

            • すべての色はブルーベースとイエローベースに大別できて… こんな事パーソナルカラーでも言ってないし、そもそも「人間の肌色」が前提の話だろ 緑とか青とかの肌色の人間がいるわ...

              • パーソナルカラーは、1920年代の色彩の芸術理論が元になっている。アメリカのデザイナーであったロバート・ドア(Robert C. Dorr(1905–1979))は「自然界の色はすべてブルーベース(ブルベ)と...

          • 色彩学自体が学問分野として成立してるしな と言ってもこういうのって(はてなによくいる)工学以外の学問は全部バカにするタイプじゃないかと思うので多分分からんだろう

            • 色彩学とかって成立してるけど、パーソナルカラーって別にパーソナルカラー学みたいな成立の仕方してなくて、だからこそファッションとして面白いんだと思うんだよね。 だからパー...

              • 絶対的だなんて思ってる人誰もいないと思う なんかこういうのもアスペルガー臭い

                • 確立されて時代によっても変化がないような主張してるアホが少なくとも1人はいて、そいつを笑ってるんだぞw

        • バカっぽいやつが言うロジカルは当てにならんわw

          • 行ってみたから判断しないとただの思いこみで叩いてるロジカルさのかけらもない人になっちゃうよ。

          • そもそもめちゃくちゃな内容でもロジカルに組み立てることは出来るしなぁ

            • 論文上はスタップ細胞だってあるわけだしな ロジカルかどうかとそれが正しいかどうかって別物なんだよね バカにはそこらへんの判断ができんからなんの根拠もなく「ロジカルだよ」な...

        • 行ってみたけどロジカルじゃなかったヨ はい論破

    • また根拠のない「私はわかってる、お前はわかってない」論法だよ

      • パーソナルカラーは肌や髪、瞳の色を四つに分類して それに似合う色彩を分けるものなので 「その時代にどんな色が流行っているか」ってのとは関係ないんだよ 当然「その時代の流行...

        • 基準があるわけでもないからブルベとかイエベとか適当言ってればいいし あとは現場のファッションコーディネーターに丸投げすれば その時々の流行に合わせて上手く変えてくれるっつ...

          • 流行っていってもアパレルメーカーが大声で「今年の流行は〇〇です」って言えばそうなるんでしょ それ信じて服を買う人たちってなんかもうね 占い師の言うことを真に受けちゃう情弱...

            • 同じ色の服しか売ってないアパレルなんて見た事ないし 待ちゆく人が同じ色ばかり着てるってのも見た事ないんだが 外に出てすらいない疑惑が出てきた

          • 男オタクでたまに変な赤いトップスとか着てるのが居る理由はこういう考え方のせいなんだろうなあ。

            • でも実際誰かが適当に言うてるだけの占いみたいなもんやん

              • オフホワイトの綿のシャツと光沢ある白シャツ首の下に当てたら流石にどっちが似合うか分かるじゃん。 それの延長線上であって占いとは違うよ。 男ほど知っとかないとネクタイの趣味...

                • 男は女より色彩感覚が鈍いって話もあるし、色覚異常も多いし 更に普段から色彩に興味もないとすると、本当に感覚的に分からないのもいるかも

              • 騙し絵の一種で、「周りにある色が違うと、同じ色でも違う色のように見える」って画像よくあるやん? パーソナルカラーはああいう人間の目の反応を応用したものだよ フォーシーズン...

          • 基準は普通にあるし、昔から変わってないわけだが やっぱ全然分かってないのにケチつけてるだけか それとも色覚異常とかで分からないんだろうか

            • いつものいちいち差別発言しないと気が済まない人

            • まあ六星占術だって細木数子が決めた基準にしたがって判断してるわけでな

              • 安岡正篤の盗んだんじゃないっけ。 安岡由来なら勝手に言い出したんじゃないよ。

        • どういう基準でわけるんや?

    • 男が醜い理由がわかる。 醜い生物ほどせめてパーソナルカラーにあった服にした方がマシに見えるのに。 特に襟元周りが合わない色だと醜い顔面と肌がますます醜く見えてキモいから自...

      • 主語デカおじさん

      • 服装がばっちり決まってるブス女のほうが余計ブスさが際立つぞ

        • 着飾るかどうかじゃなくて肌の色がよく見えるかどうかだよ。 不細工な上ダサいキモオスは、 ブスオスでも垢抜けたらキモメン認定食らわなくなるんだから頑張ってよ。

          • 血色の良さなんて体調や少しの運動ですぐ変わるし 壁や天井の色、照明の色、隣に立ってる人の服装なんかでも変わるだろうに 「布当ててパッと見で合ってるかどうか」くらいの診断で...

            • 髪の色とか瞳の色まで見るものだけど…

              • 髪の色でも目の色でもいいけど結局のところそんなもんで四分類にはできないし だからいま亜流みたいなパーソナルカラー診断がゴロゴロしてんだよな。 というかカラコンしただけでそ...

    • 現在はやってるパーソナルカラーとかとは違って、昔は誰も彼もビビットな色着てたりするだろ パーソナルカラーって概念は変わらんかもしれんが中身が時代の流行り廃りに合わせて変...

      • 今でもパーソナルカラーを無視して流行りの色や自分が好きな色着る人もそりゃいるだろ

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん