2020-09-21

完全に寝たきり

母が難病と言い渡されてから何年経っただろうか。

三年は経ったはずだ。

珍しい病名なので伏せるが、パーキンソン病のように徐々に体が動かなくなって、現在は寝たきり。

胃ろう、気管切開、話すこともできず、2ヵ月前まではそれでもスマホ家族LINEグループスクロールする、くらいはできていたのだがもう体はほとんど動かない。

基本的には施設に居て、たまに家に連れて帰ってくる。

母のために父は胃ろうから栄養補充というのか?の方法や痰の吸引方法などを病院で教えてもらい、帰宅したときはつきっきり、そばにいる。

多分、もうそんなに長くないだろうことは家族みんな理解してるし、今夜突然、なんてこともあり得なくない。

そんな母と父は今月誕生日だ。

結婚し近くだが、別に暮らしている自分にできることはなんだろう。

父は自分の持ち物にこだわりがあり、なかなかプレゼントが難しい。

母はこの状態食べ物も身につけるものプレゼントしたところで使うことができない。

孫たちの顔を見せてあげるしかできないけれど、施設にはコロナの影響で子供たちは連れていけないから、家に帰れた時しか会わせられない。

やはり写真かなぁ、と思いつつ、自分アイデアのなさにがっかりする。

何をしてあげられるだろうか。

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん