2020-09-21

量産型メディアサイトを作るみんなと友人Pへ

https://twitter.com/tsuchiyami_blog

この人のツイートを見て地元の昔は仲良かった友人が同様のサイトを作っていたことを思いだしてこれを書く。

地元の昔は仲良かった友人(仮名:友人P)は昔(小学生時代)からまじめで嫌われる理由がない人だった。

実家環境には恵まれているようでは無かったようだが、顔も性格イケメンで今は国立大医学部主席をしているみたい。

先日 tweetdeckのactivityカラムに昔のあだ名くりそつな管理者な明らかにアフィリエイト目的量産型メディアサイトアカウントをfavるその友人Pがいた。

メディアサイトを作っていたPはアフィリエイト初心者らしく、GooglelAdsの審査についてtwitterのアフィ垢でぼやいていたが、自分tweetdeckのactivityを見たときはまた一人ひっかかった人がいるのかくらいの気持ちで見ていた。

当時、増田情報系の学生で、「いかがだったでしょうか」で終わるタイプSEOに特化しているメディアサイト運営会社で数年アルバイトをしていた。

しかメディアサイト組織的運営するとそこらの受託ばっかり受けてるn次受けよりは稼げる。事実経営者は年一億以上の収入を得ていた。

しかし、組織的運営するというのはライターランサーズで~1円/1文字とかで雇って一日50記事以上世に出し、googleにだけ評価されるような環境であって個人死ぬ気で中身の無い文章を書いた所で労働しないで一生食えるようになる訳ではない。

増田高専卒で物作りが好きなタイプエンジニアだが、増田と気が合うエンジニアは誰も全ての作業自動化しつづけることを喜びに感じるが、最終的に何も生産せずに消費だけを続けていく世界になっても楽しく暮していけないなと思う。

不労所得、得ませんかみたいな話を聞くたびに何言ってんだかという気持ちになってしまい、生産できないまま所得だけ得られたところで嬉しくならないだろみたいな気持ちになる。

今日@tsuchiyami_blogのtweetを見て友人Pのメディアサイトを知った時の事を思いだした。

友人Pがそのメディアサイト運用していることを知った時、複雑な気持ちになったことを。

社会に対して生産することを目指していた人が不労所得を目指す方向に転換してしまうこと

安倍給食マスクを配り始めたり、孫正義経営者よりも投資家になってしまったり、前澤友作お金を配りはじめたり、昔信じていた人が鼠講に嵌ってしまった時の気持ちと似ていると思う。

年月が経ち直接友人Pに連絡をする仲ではなくなってしまったが、増田は今でも信用しているのでどうか友人Pは情報商材ありきのアフィリエイトブログなんて辞めて、日々生活の中で気づいたことでをブログにでも纏めるくらいの生活をして優秀な医者になって欲しいなと思ってこの増田を殴り書きする。

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん