2020-09-13

anond:20200912181523

批評評論研究社会運動悪魔合体した結果かなあ、と思ってる。

批評評論、あるいは研究領域では、「俺がジャッジだ」でいいんだよね。「この作品にはこれこれこういう問題がある」というのを、あくま個人批評評論研究として、審美的基準から行う分にはなんの問題もない。

からオタク同士の会話で「今となってはあの描写古いよねえ……」みたいにつぶやく分には、何も問題にされないんだよな。新聞書評欄とか、あるいは「気鋭の学者によるラノベレビュー○○選!」みたいな場だったら、「ちょっと性差別なのはどうかと思うんだけどー」みたいなこと言っても別に問題にならないでしょ。

レビューとか評論というのは多少厳しいことを書いてもなんならボロクソにこき下ろしたりしても問題ない、なぜならそれは個別の作者による個々の作品批判であって特に実際の権力のあるものではなく、「文芸」とか「ラノベ」とか「オタク界」とか、とにかくそういうおおもとの土台となる文化とかジャンルとかを揺るがすものではないからだ。むしろその内部で行われるものだ。

でも、そこに「社会運動」の視点が入ってきちゃうと話は違う。

社会運動物事に変革を、場合によっては廃絶を要求する。社会運動は外部から内部を揺るがそうとする。社会運動は美しさよりも正しさを重視する。そして社会運動ジャッジには権力が伴う。評論レビューによるジャッジと違って。

昨今の表現規制をめぐる問題で、表現に口を出す側が「自分オタクである」「オタクだって嫌いなアニメdisったりしてるのに、なんで私のdisが認められないんだ」と主張することがある。本人はおそらく大真面目にそう考えているんだろう。でも答えは自明だ。

そりゃ、あんたの主張が「社会運動」の文法コードに則って発せられているからだ。

評論レビューコードなら、どれだけ作品disろうがよほどトンチンカンdisでない限り別に文句は言われない。その作品を好きなやつとバトったりする羽目にはなるかもしれないが、それもしょせんはオタクコミュニティの内輪もめにしかならない。なぜなら評論レビューは、ジャンル文化の内部で、その存在所与のものとして行われるものからだ。

でも、社会運動コード作品disったら、それはその作品だけじゃなくジャンル全体への攻撃にもなりうる。社会運動文化ジャンルの存続に関心がない。なんなら滅びても構わないとさえ思っているだろう。社会運動は正しさを最優先する。これ自体別に悪いことじゃない。でも「正しくない」という理由で切り捨てられそうな側に身を置いてみれば、不倶戴天の敵としか思えない。

本当に社会運動をやっているという意識の人は、別にあんたらから不倶戴天の敵と思われても気にしませんと堂々としているだろう。宇崎ちゃんバッシングに火をつけた某弁護士なんかはそのへん潔いというか、自分オタクコミュニティから敵視されてもいっこうに構わん、あいつらは私の敵だ、とでもいうような態度で、敵ながら天晴だった(いや、最終的には打倒すべき敵なんだけど)。

でも、社会運動コードに則って物申しておきながら、ジャンル愛好者に敵視されると「自分オタクですよ」と言い訳をしようとする人がいて、それは申し訳ないけど見苦しい敵にしか見えない。キズナアイバッシングの先頭に立った某社会学者なんかはその類だろう。お前さっきまで運動家の顔してたやんけ!

特にフェミニズム関係燃えやす理由もそこにあると思っていて、あのへん、評論運動境界あんまりないというかシームレスな界隈だという印象を受ける。つまりフェミニストと名乗る人たちには評論家として文学作品ジェンダー視点から解釈しますという人から戦闘的にデモやら抗議行動やらを繰り広げて社会を変えていこうとする人まで幅広い人がいて、その人たちがフェミニズムという同じ旗の下に集っており同じ理念を奉じていて相互に行き来しているので、境目が曖昧になりやすい。

なので、評論のつもりで社会運動的な物言いをしちゃう人が出たり、評論を発しただけのつもりが社会運動に発展しちゃったりする。本人からすれば、自分評論をしただけのつもりなのにどうして? と思っていることだろう。いや、だからあなたあなたの周囲が社会運動の人ばっかりだったら、あなた評論社会運動の一環にしか見えないんだよ!

オタク同士で「宇崎ちゃん巨乳描写は好きじゃないんだよな」「銀英伝もっと女の提督がいてもよくない?」と語らうことと、社会運動として献血ルームに抗議のお電話したり「描写を改変すべきだ」と主張することは社会的には別の意味を持つのであり、そこの社会的な場のコードみたいなやつを読み解き理解することが必要だよなと思うのです。

記事への反応 -
  • なのに、「この表現は現代ではアリだのナシだの」勝手に白黒つけてジャッジしたがり、実際にそう語るだけならともかく、マジに作品を潰したり表現を規制したりするようになった。...

    • 批評・評論・研究と社会運動が悪魔合体した結果かなあ、と思ってる。 批評や評論、あるいは研究の領域では、「俺がジャッジだ」でいいんだよね。「この作品にはこれこれこういう問...

      • けものフレンズ2へのバッシングは、オタク内部で行われたにも関わらず、 滅びても構わないという勢いで、まるで正義のような空気感で展開された。

        • たしかに社会は変わってきていると思う。個人が結託しやすく、好みにモラルが深く結びつくようになった。感想と正義執行の境目が消えた。

        • 実際ああいうことがあったのに、正義面するのはなんなんだろうな。

          • 2006年ぐらいから、そういう輩が秋葉原にやってきてオタク文化をのっとっていったから。 いまオタク文化といわれているのは、実際には不良文化。その不良にストレス発散の具に...

            • じゃあ昔の善良なオタクが追い出されて、不良害悪オタクしか残ってないなら、今のオタクが叩かれるのも当然だな

            • 昔だったらヤンキーになってた奴が今はオタクになってる、ってやつな 昔の親が「息子にオタクになって欲しくない」と言う場合、それは「根暗で友達いない子になって欲しくない」...

              • 違う。昔だったらヤンキーを名乗っているやつが、オタクを名乗っているという話であって オタクではない。が、いまはもうそうなんだろうな。20年前で言うオタクではない。

                • ヤンキーというのは、もともとニューヨーカーという意味もあるけど まぁN高とか、ヤンキーとオタク文化のまざりもの っていう感じがするだろ オタクというのは汚宅とも揶揄されるよ...

                • 違う。大学のオタサーによって公開された写真を見ればオタクは今も昔も変わらないことは自明である。むしろ高齢オタクが加齢によってか金や権力を得たことによって凶暴化したと考...

                  • 君の「昔」はごく最近の話だぞ

                    • 確かに戦前は白黒写真しか普及していなかったとは聞くが。

                  • 写真で何が分かるんだか 見た目の話なら、安くてダサい服着てるor独特な(界隈でしか通用しない)ファッションセンス、って意味なら変わらんと思うが そのダサかったり独特とされる...

                    • ネットでイキってるかは知らんがリアルではイキってなさそうだということは見れば想像がつく。

                  • 伝統的なヲタクが存在してないとは誰もいっとらんやろ

        • あれは反省すべきとこだ。 おれもややこしすぎてなにが問題点なのかさっぱりわからなかった。

        • だから実際アイマスやけもフレで起こっているああいうのって、外から見たら「与えられたものと自分の好みが合わずにギャアギャアわめいているだけ」だろ 正義面する方がおかしいん...

          • 自分らが「気に入らないものに難癖付けて集団で嫌がらせをして潰す」文化を持っているから 他者も同じだと思ってるんだろうな

            • 女性向け作品だとジャンル関係なく流行りのものはだいたい学級会が幅利かしてるから、女オタの皆様はそれが普通だと思っちゃうんだろう

              • アイマスやけもフレは女性向け作品ではないけど

                • だから女性向け以外だとあの手の学級会がクソ長文が多いのは一部の作品だけなんだよ あとドルオタばりに厄介なのが多いV界隈とかな そしてそういう輩はやべー奴のやべー界隈として...

                  • 女性向けはオタク同士の内ゲバは激しいけど原作に文句つけて潰そうとする奴はあんまいないけどね 原作者=神扱いで一定の距離保ってる 男性向けは内では慣れ合いたがるけど外部に...

        • けもフレはたつき監督の解任という、まさに「改変」に対する抗議だったと思うが。 あとケムリクサが名作だったのが余計に炎上したように見えた原因でもあるね。

        • すごーいたのしーいとか幼児語ではしゃいでた中年ジジイオタクどもが 制作サイドに罵詈雑言を浴びせ呪詛撒き散らしてたのは滑稽だった 君は感情抑揚が大きいフレンズなんだね!

      • だからオタク同士の会話で「今となってはあの描写古いよねえ……」みたいにつぶやく分には、何も問題にされないんだよな。新聞の書評欄とか、あるいは「気鋭の学者によるラノベレ...

        • 女性創作界隈限定の話ですか? ぼくは遭遇したことないのでやはり界隈の外へのアピールは行われていないようですね

      • 被差別者側だからという理由で差別しまくる人間がわんさかいるからな 危険な煽動家ミニヒトラーがたくさんいる時代だよ

      • いや、だから、あなたやあなたの周囲が社会運動の人ばっかりだったら、あなたの評論も社会運動の一環にしか見えないんだよ! こうなると村ごと焼くしかなくなっちゃうので、結局...

      • 「表現の自由」運動そのものが社会運動化してる部分には触れられてないのが笑うんだよな 結局な主導権争いの為の「表現の自由の敵」の発見にしか見えないわ

      • 批評や評論はともかく、研究の領域では「俺がジャッジだ」は本来あり得ないしあってはならないこと。 もちろん好きな分野を好きに分析し解釈して成果物を作るのは自由だけど、それ...

      • 「抗議運動に発展してから文句言えよ」とかブコメしてる奴おるけど、防御側からしたら火が上がったらもう手遅れで(当事者が事なかれ主義だと電凸で即死したりする)、鎮火にめっ...

      • そもそも多くのアニメや漫画自体が 性的魅力もコミュニュケーション能力くせに 異性への要求の高さと性欲の強さは人並み以上のモンスターに向けた自慰の道具でしかない 美少女動物...

        • 増田がそういうのしか見てないだけじゃね…

          • なろうやら美少女動物園やらイケメン動物園の色ボケ作品ばかり撒き散らされてるのはただの事実じゃん 気持ち悪い

        • おまえの文章のほうが意味がわからないよ

      • こういうのツイッターのプロフィールに肩書きを書かずに匿名で書けば市井の一意見として受け入れられるのに、実名と肩書で権威づけする卑怯さを前から感じてる。

        • しかもこういう人に対して匿名で批判意見を書くと 取り巻きが「実名を出せ卑怯者」とか言ってくる

      • 「差別」があるか。 「人権侵害」があるか。 それだけでいいと思うんだよ。 汚い奴らが使う「差別を助長する恐れがある」とかは、それあなたの恐れですよね、お気持ちだけは受け...

      • ブクマカたちはまるでオタクは社会に受け入れられてないと思ってるけど、受け入れられてないのは自分達なんだよなあ。

    • その結果トランプ再選~

      • トランプが当選したのは、リベラル派が自分たちが思ってる以上に嫌われていた事に気づかなかったからだよな。

    • ×裁判官 〇異端審問官

    • 欧米の「正しい価値観」に追従できているのはリベラルのみ、これは正しいのだ。黒船にひれ伏せ~ ってなもんよな

      • 黒船と戦わず原爆とも戦わず 丸腰の国民の前でだけ強い軍隊なんて存在しないほうがいい

    • 被ばく人形やはだしのゲンの撤去運動をやってるのは保守政治家(ネトウヨ)だろ 何をすり替えているのだ

    • あいちトリエンナーレもそうだよね

    • とはいえ、残念ながら、総理大臣や官邸も裁判官ではない。

    • 価値判断は誰だって表明していいじゃん。 表現規制に法的に白黒つけるのは結局今でも裁判官だし。 なお普通の憲法学では表現規制は極めて危険で、ごく限られた条件でしか認めるべき...

    • 鉤括弧の位置が間違ってる

    • でも法なんてもっともらしい正義を掲げれば堂々と破っても許されるっていうんでしょ? 結局最後に物を言うのは法でも裁判所でもないということだ

    • ぉぃぉぃ 10年前って、2010年だぞ、1980年じゃねぇんだぞ まさか嫌韓ブームのこと言ってんのか?

      • わかんないけど、本宮ひろ志の『国が燃える』とか原爆人形とかなんかな

    • どう是正したら良いかわからない ジャッジだ。

    • リベラルなんて、言葉の定義から外れて久しいからなぁ…

    • 反差別界隈って共感を大切にするからあまり議論することがなく、「多様性」に触れる機会が少ないんじゃないかな

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん