2020-09-05

宇宙人言葉だけで右の概念理解させる方法

「右というのは相対的概念なのであなたが右だと思ったものが右ですよ」

真剣に考えてこれ以外思いつかない

ねじ法則だってから見れば左だろってツッコミ入るしなあ

結局、絶対的な「右」というもの存在しない以上、これ以上の説明が考えられない

  • その星から観測可能な星の位置関係を、地球人側が把握できていれば、「夜空を見たとき、星Aからみて星Bがある位置が『右』だよ」と言えるかも

  • 宇宙人にも左右の概念くらいあるだろうしどこかで思いが合致するかも

  • ナチュラルに地球人には通じると思ってるあたり頭よくなさそう

  • あまり変化を好まずに、個人主義に重きを置くのが右の方、平等性を重視して、そのためには変化を厭わないのが左の方、かな。 宇宙人社会にもこれなら通じると思いたい。

  • 数直線が正の方向が右、負の方向が左で定義しよう。

  • 宇宙人へ口頭で伝える方法はある http://www005.upp.so-net.ne.jp/yoshida_n/qa_a11.htm > 一定の半減期でベータ崩壊を起こして電子を放出しますが、電子が飛び出す方向が偏っていることがわかりま...

    • このサイトめちゃ面白いな

    • その内容が理解できる宇宙人はそもそもすでに左右の概念を取得してるでしょ

      • でも宇宙人語の「ルッピョロ」と「ヒギョパム」のどっちが「右」「左」に相当するかは伝える必要があるよね

  • 右手系座標系において、進行方向をx軸、重量方向をz軸としたときのy軸方向を右とする

  • 「右というのは相対的な概念なのであなたが右だと思ったものが右ですよ」って言うけどさ、その「相対的」とか「概念」とかの方が、「右」よりも遥かに伝えるのが難しいんじゃない...

  • >「右というのは相対的な概念なのであなたが右だと思ったものが右ですよ」 日本人にすら伝わらない

  • 宇宙人にもけいおん!好きが多分一人はいるはず

  • どこかの辞書で「北を向いたとき、東の方」という説明があったはず。 相対的な概念でもどっか固定してやれればわかりやすくできる。

    • その辞書で、北と東の項目を見て悶絶するかがっかりするかしてください

  • お茶碗を持つ方が左、お箸を持つ方が右くらい宇宙人なら理解できるだろ はい、次

  • 国語辞典を見比べると面白いらしいな、右と左

  • 絶対0度近くのコバルト60がニッケルにβ崩壊するときに電子を放出するが、それが原子のスピンに対して左右で割合が違う という有名な「ウーの実験」というのがあるのでこれで左右が...

  • 待て、その宇宙人に「前方」という概念があるとは限らないぞ。 ヒトデのように、どの方向にも同じ程度の感覚器官があって「進みやすい方向」や「感覚器官の集中した面」が存在しな...

    • 元増田は当然そういった部分も内包して質問してるし ほとんどの人もそれを理解した上で答えてるのに繰り返す意味ある?

  • 「右というのは相対的な概念なのであなたが右だと思ったものが右ですよ」 実用上はこれで何も困らない。 が、もし出会うことになった時に50%の確率で全部反対向きになってしまって...

  • 人間の心臓があるほうの胸が左、その逆が右だよ。

    • トキ『秘孔と同じく、左右で臓器の位置が反転している者が居るのだ、ケンシロウよ』

  • まず、相手の宇宙人に左右に該当する概念があるかを確かめる それがないようなら上下前後があるかを確かめる(上下前後が定まれば左右を定めることができる) それもないようなら、...

    • ところで、 動物たちは、果たして左右の差を認識しているのだろうか? おのおの二対の上腕と下肢を持たない、もしくはそれ以上の腕や脚を持つ生物は、どのようにそれぞれを区別して...

      • エサで訓練したら迷路を解けるようになるような動物は、右左を区別してると言えるんでないか?

        • (かまってくれてサンクス)てか、いま気がついたが、 左右も前後も上下も、宇宙空間では、関係なくない???

    • 1日経ってから気付いたが、前後上下が決まっても、「左右の軸」が決まるだけで、どっちが右でどっちが左かは言葉だけで伝えられないな 相手方に左右と同様の「☆※」みたいな概念が...

  • ちんぽが曲がってる方が右やで

  • anond:20200905024055 前後と上下を定義した場合、その2つの軸と垂直になる軸の内、一方を右とし一方を左とする。 地球の赤道上に立ち、鉛直方向を上、北極側を前とした場合、太陽が昇る側...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん