2020-08-14

将棋用語から感ずる棋士が持つ教養の低さ

私は将棋は大好きでプロ棋士は全員が超人だと思っているのだけれど、棋士たちがもつ教養の低さというのか、或いは世間からズレた幼稚性、みたいなもの将棋用語から感ずる。

藤井システムであるとか、「カニカニ銀」「ゴキゲン中飛車」「塚田スペシャル」「丸山ワクチン」「4四歩パックマン」「将棋純文学」「桂馬Z」

であるとか。

それらには小学生レベルセンスが漂う気がする。

実際、小学生くらいの頃から将棋のことだけ頭にあるのだろうけれど。

あとは棋士が書く解説本なんかも、なんとなく独特な言葉言い回しを受ける。

もちろん教養のある棋士も居るだろうし、それに棋士はい将棋を見せてくれればいいだけなので教養求めないけれども、なんとなくそう思った。

  • おれが考えるさいきょーのふじん!

  • ファン層に合わせてるんやろなあ

  • "白色レグホーンスペシャル"は東大発のセンス溢れた戦法だもんな 教養が違うよ教養が

  • 棋士の教養の問題じゃなくてさ、 「藤井システム」とか将棋戦法にカタカナ語が増えたのは平成に入ったあたりから。 島朗あたりの、カタカナ語がかっこいいと思っているおじさん世代...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん