2020-08-08

かゆ うま

口腔アレルギー症候群(OAS)というものがある。シラカンバやハンノキの花粉アレルギーを持っていると、副次的に発生することがある症状だ。

具体的には、生の果物野菜を食べると口がかゆくなる。喉がイガイガし、唇が腫れる。普通の食物アレルギーと違って全身に反応が出ることは少ない。30分もすれば治まるのだが、摂取し続けると重症化しアナフィラキシーショックを起こすこともありうる。重症化しなくとも単純にかゆくて腹が立つ。なので生の果物を控えることになってしまう。

人によるのだが、自分特にリンゴビワメロンで反応が激しい。リンゴに関しては生のものなどここ数年食べていない。しっぺ返しが来るのはわかっているし、そもそも生のリンゴ自体そこまで好きでもなかったし、損したという感覚はない。えるしっているかリンゴレンチンするとコンポートみたいになっておいしい。ビワ砂糖と鍋で煮込み、冷やしてコンポートにした方が食べやすくてよい。メロンは元々甘さが苦手なので、公の場で断りやすくなって良かったなあくらいにしか思っていない。

まり今までのところこの症状で迷惑を被ったことはなかった。だが今日からは違うのだ。

昨日実家からナシが送られてきた。近所の方からのお裾分けのお裾分けらしい。ナシの甘さ、瑞々しさ、食感、そのどれもをこよなく愛していた私は早速今日の昼食に食べた。五分ほど経って、愕然とした。口がかゆい。そんな馬鹿な。唇が熱を持っている。歯茎チリチリと燻る。喉に違和感を感じる。間違いなくOASの症状だ。念入りに歯を磨き、うがいをしてから調べたところ、やはり私の持つハンノキ系統花粉症が原因のようだった。

これから先、私は梨を生で食べられないのだろうか?どうしても食べたいのならこの耐え難いかゆみと戦い、リスク承知の上でということになってしまう。幼稚園生の頃に好きな食べ物を「ナシとスイカサクランボうどん」と書いていたほど生粋のナシ愛好家なのに。さらに調べたところ、ハンノキ系統花粉症によってOASが引き起こされる果物の中に、スイカサクランボも含まれていた。

絶望的だ。かつて訳あって人生のレールからドロップアウトした時と同じくらい、眼前が闇に包まれている。私にとってあれらの果物人生と同等の意味を持っていたのだ。だが私は諦めない。かゆみに耐えるのだ。そうすれば今までと同様にナシを味わ かゆい かゆい うまかっ です。

  • 自分もメロンが苦手

  • お気の毒に。 おれも17歳くらいで発症した、というか認識した。 その後反応する食べ物はどんどん増えていった。まちがいなく大丈夫なのは柑橘系とバナナくらいだ。 ヘーゼルナッツも...

  • ワイもメロンが微妙に変な感じなってたんやけどこれだったのか 今まで知らなかったけど段々駄目になるパターンがあるのか参考になった

  • 大好物食べられなくなったら絶望する

  • 柿(甘すぎ。父が好きだったので100%あげてたので食べたいと思わなくなった)、 メロン(美味しいのもあるけど)、 すいか(父が好きだったので100%あげてたので食べたいと思わなく...

  • 俺もメロンダメだしスイカ、トマト、きゅうり、ナスとかもダメになった。夏野菜無理だけど夏野菜自体は好き。

  • 俺、小麦アレルギー(大人になってから発症)。好きなものはラーメンとうどんとピザ。 辛いよな。分かるよ。

  • 花粉症、鼻アレルギー、喘息の治療のための、皮下免疫療法や舌下免疫療法が効果があるという報告があるよー

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん