2020-08-03

同人誌を売りたくない相手に売らない方法を、誰か教えてください

※分かりやすく『配布』を『売買』で表現してます

タイトルにもある通り、私には同人誌を売りたくない相手がいる。

私は絵描きだけど、デザインセンスが無い為表紙のデザインタイトルロゴデザインを友人にお願いしている。

そして、文章も苦手なので、奥付やそれを含めた裏表紙レイアウト、お品書きのデザイン、無配ペーパーに記載する挨拶文の代筆もお願いしてる。

(挨拶文はゴーストライターという訳じゃなくて、私が通話彼女説明し、それを彼女文字に起こして読みやす編集してくれる)

私生活原稿中のメンタルを支えてもらったりと、お世話になりっぱなしの大切な友人だ。

私のメンタルの弱さが原因で、原稿中に誰でも見えてしまTwitter上で『どうせ私の絵など誰も見ていない』『こんな本誰が買うのだ』などネガティブ発言をしてしまった事が何回かあるが、その度に彼女は叱ってくれた。5桁のフォロワーさんの中には『そんなことないです!私さんの本楽しみにしてます!』『私さんのペースで大丈夫ですよ!』と優しい言葉をかけてくれる人がたくさんいたが、彼女だけは『お前の本を楽しみにしている人がその言葉を見たらどう思うのかを考えろ』『自分価値がないと思ってる本に誰が金を払ってまで手にしてくれるのか』『わざわざゴミを作る手伝いをさせようとしているのか』と、厳しくも真っ当な意見をくれていた。

このやり取りは全てTwitterの見える場所で行われていた。というのも彼女他人から評価を全く気にしない人なので、大勢フォロワーさんのたくさんの優しい言葉の中で、自分一人が違う意見を言うことや、『神絵師に対してなんて態度だ!』という意見もまったく気にしてない。

そんな彼女なのでもちろん風当たりが強い。と言っても大半は『神絵師(私)に対して馴れ馴れしすぎる!』という嫉妬感情ほとんどだと思う。『お前は神絵師(私)の何なのだ!』と言う意見に『友達だが?』と返していた彼女だけど、私は本の制作に関して、彼女は作者の一人だと思っている。

デザイン、ペーパー、ノベルティイベント参加の為の雑務、売り子、お品書き…彼女が『お前の卓上なんかダセーんだよな』と言いながら作ってきた卓布と値札は、本当に素晴らしかった。

入稿直前、私の都合で出費が重なり、印刷部数を減らそうとしていた時に『楽しみにしてくれている人が沢山いることは私も知っている。給料からじゃなく、売上で返せ』と印刷費を出してくれた彼女に泣きながら礼を言ったこともある。

彼女にはアンチも多い。前述の通り神絵師(私)と友人関係でいることが気に食わない人達だ。

友人同士なら『おまwwwクソザコナメクジかよwww』みたいなやり取りがあってもおかしくは無いけれど、それを彼女が言うと『神絵師のことをクソザコナメクジ呼ばわりしてる』と愚痴垢・空リプによる批判、毒マシュマロ等で色々言われる。私にとっても本当に不本意だけど、見ず知らずの他人意見で私達が何かを制限されるのは嫌だった。私が『彼女への批判をやめてくれ』と言ったら言ったで『彼女洗脳されてるんですね!』と返ってくるので、どうしたものやら…と頭を抱えたこともあった。(彼女はそれを見て『それだけ好かれている証拠だ』と笑いを堪えていた)

前置きが長くなってしまったが、私は彼女と完成させた本を、彼女のことを批判していた人に売りたくない。

あなたたちが批判していた彼女は、あなたたちが『楽しみにしてます!買います!』と言ってくれた本を作るのに、作者と同じくらいの負担を背負ってくれているのだ。

彼女がいなければあなたたちが『欲しい』と言ってくれている本が完成しなかったのだ。

あなたたちがブロックや鍵垢でバレないように批判をしていた彼女が作ったペーパーやノベルティを、何事も無かった顔をして手にできるの?その本の原価の一部は彼女の懐から出ているのに?

『本が売れればそれでいい』と、批判に対して何も言わなかった彼女が1度だけ反論したことがある。

最近Twitterにおける誹謗中傷過激さを見ていた彼女が『行き過ぎた批判をそのままにすると、相手が『これは許されるんだ』と勘違いして別の人に同じことをしてしまうかもしれない。相手自身の身を守る為にも、行き過ぎた誹謗中傷にはNOと言わないといけないのかもしれない』と言っていた。

批判ツイートに対して彼女が真っ向から『どんな意見を持つの自由だけど、さすがにやりすぎです』と反論すると、相手謝罪もせずに該当のツイートを削除し、彼女ブロックし、鍵をかけ、その中で相変わらず批難を続けていた。かなりぼかして、名前を出さずに、指摘されても『あなたのことじゃないです』と言い逃げできるような内容で。

一連のやりとりは全て私からも見えていた。にもかかわらず、即売会イベントの延期や中止などでお品書きをアップしたり下げたり編集したりを繰り返している間に、その相手からは『どうか通販のお慈悲を!』などというリプがくる。

イベントが開催されない以上、通販で本を出す予定だ。相手は多分通販で本を購入するだろう。しかし、通販での入金確認から発送までの事務作業を行ってくれるのは彼女なのだ彼女のことを批判していた相手に、彼女が作ったノベルティを添えて、彼女が丁寧に梱包して発送する…私は彼女にそんなことをさせたくない。

彼女自身は『本が売れればいい』と言ってくれているけど、私が嫌なのだ

もし相手に『購入しないでくれ』と伝えたとしても、通販を利用されると確認のしようがない。と、いうかたとえイベントであってもその相手アカウントを明かさなければ、もはや防ぎようがないんだけど。

先人の皆様。お知恵をお貸しください。

どうやったら、同人誌を売りたくない相手に売らないようにできるでしょうか。

  • ❅❅🐉💩

  • 個人認証にして閲覧毎に認識チェック入れる 閲覧アプリ起動中はカメラを起動できないようにする

    • 昔から需要ありげな機能だけど、どこも実現できていないような ノイズ情報で電子透かしを入れてデジカメ撮影されupされても出所がわかるとか主張していたサービスもいつの間にやら...

      • ジャンプは閲覧中にカメラアプリ起動出来ないぞ

        • その端末以外のデジカメだったら撮影できます でそれに対応して人間の目に見えない場所に透かしを入れてupされたとしても犯人を追跡するサービスが昔あったんです

    • 同人誌の話では?

  • そんなしょーもないことに知恵を巡らせるくらいなら、1ページ目にドドーンと「いつも私の同人活動を支えてくれる〇〇へ。本当にありがとう。この本が出せたのも彼女のおかげです」...

    • こういう特殊な界隈のことだから 謝辞なんか乗っけたら嫉妬に狂って火に油なんじゃね

    • 当然攻撃的なオタクが一番悪いけど発端はネガティブな発言をする増田にあるとも思う。作家の友人に嫉妬したり粘着する連中は排除したとしても新しい別のオタクに粘着されて堂々巡...

      • ネガもポジも、そもそもTwitterなんて本来は何書いても自由でしょ 粘着野郎の為になんで配慮をしないといけないんだか

      • 粘着に身に覚えのある人はこうやって正当化すんだよなぁ

      • けども何もねぇよ 自分で【攻撃的なオタクが一番悪い】って書いてるやん それが全て

    • 親友=自分では 神絵師だったら底辺を這いずり回る虫のことなど見えないはずだ

    • 現実的に難しくない? イベントで対面しても相手が身元明かさなきゃアウトだし、通販だって本人が申し込んでTwitterでも購入報告しなけりゃ見つけられんし

  • そのまんま「〇〇さんの協力で出す本なんで、〇〇さんに批判的な人は買わないで下さい」ってツイートするのはなんでダメなの?自分に矛先が向くのは嫌だからというならちょっと虫...

  • 興味あるから限定販売について調べたんだけど、pictSPACEとかいうサービスならTwitterの相互限定で通販できるらしい。他にもあるかもしれんけど。あと手数料高そう。 https://twitter.com/pictspa...

  • アンタは気にし過ぎ、親友はしなさ過ぎ、 んもー! YOUたち、ケコーンしちゃいなよ!

  • 梅雨も明けたのにジメジメした奴だ さっさと干からびてくたばらないかな

  • 「彼女も作者の一人」アピールを地道にしていくしかないんじゃないか? お金の件や通販処理なんかは伏せた方がいいだろうけど。うまくやらないと火に油注ぎそうなのが面倒だね

  • 配布じゃなくて頒布な。やり直し

  • やっぱり十戒とか作って配布するしかない

  • わかりやすい綾城さんとおけけパワー中島の関係性

  • お品書き等に「この本は友人氏のご助力により刊行されます」って表示すれば? 筋が通ってる奴ならそれで買わないし、ヘタレなら購入する時にくっ殺状態。

  • その彼女経由でしか購入できないようにしよう

  • 「自分の友人を罵倒する人には今後私の作品に手にすらとって欲しくないので、せめて通販で予防します」 みたいな宣言と一緒に鍵アカウント作り、承認したくない奴は弾く。 そこでの...

  • >私は絵描きだけど、デザインのセンスが無い為表紙のデザインやタイトルロゴのデザインを友人にお願いしている。 なんでこれが相手に伝わってないんだ?手柄を独り占めでもしてん...

  • 友人さんが発送するのなら、○○というアカウントからの通販にだけこの手紙添えてっていって密封した上で、これを発送しているのも友人だ、友人を批判するのならもう二度と買って...

  • 一度筆を置こう。何か聞かれたら「友人が本の装丁等を担当してくれていたのですが、その友人の悪口を言う人が私の本を買っていたようで、私が本を出したらその人に友人の力作を渡...

  • わたしだったら、自分の「売りたくない」プライドを友人に相談して、友人がどう出るかでもう少し考えるかなあ。 友人が、自分に被害が及ぶかもしれないけどそのプライドは大事だ、...

  • 外から見ると、何でも言い合える仲の友人と、口の失礼な粘着アンチって見分けが付きにくいので誤解されたのだろうと思う。 まず必要なのはリアル友達であるというアピールだ。 友人...

  • 前半のクッソしょうもないお気持ちは無視して 特定の相手に通販などを含めた対面外でも広く販売してるモノを手に入れさせない方法を考える そもそも人には行動の自由がある それを...

  • なまはげ👹のお面をかぶって「同人返せー」と言って払ってもらった代金を投げて本をもぎ取ってくる。

  • 神絵師(私)で吹き出しました

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん