2020-07-28

アニメ漫符

漫符とは漫画に使われる記号表現であり

代表的ものフキダシ、大きな汗、顔の縦線、エクスラメーションマーク(!)、集中線などがある

このようなコミカルな印象を与える漫符は今ではアニメに広く当たり前のように使われている

アニメ初期には漫府が使われることは極めて少なかった

映画を愛しリアリズムを追及していった草創期からアニメ作家たちには

そういった抽象的な表現を好みはしなかった

しか漫画原作アニメ化が人気を博すようになると

漫画的な表現アニメにも取り込まれていくようになった

なかでも漫符表現効果的な多様で漫符有効性を

示したのが1991年のきんぎょ注意報!である

きんぎょ注意報!における効果的な漫符使用業界インパクトを与えた

きんぎょ注意報!とほぼ同スタッフで作られたより大きな成功を収めた作品である

セーラームーンはのちのコミカルアニメへの漫符表現への多用に大きな影響を

きんぎょ注意報!のメインスタッフであったある一人は

エヴァンゲリオン企画に参加した際に

ガイナックスの人たちが「漫符を取り入れるべきか」どうかについて話をしていたのを聴いて

漫符とは何ですか?」と尋ねたそうだ

漫符というのは何かと説明を受けて

はじめてきんぎょ注意報!などで多用されている表現漫符と呼んでいるということを知ったという

きんぎょ注意報!のスタッフは単に原作漫符があったか

アニメにも取り入れていただけだったのである

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん