2020-06-22

香川県ゲーム規制条例に対する国賠請求の勝ち目の有無:付記

私以前、国賠請求で勝訴するためには原告に損害が必要で、その損害があるかどうかが疑わしい、クラウドファンディングがはじまった暁には、その点の説明あるかなどを確認して判断して欲しい、と増田に書きました。

anond:20200613135949

そして、実際に「香川県ゲーム条例憲法違反確認と、議員立法不作為責任を求める国家賠償請求訴訟」のクラウドファンディングがはじまっています

https://camp-fire.jp/projects/view/271398

このクラウドファンディング文章の中では、原告の損害についての説明特にありませんでした。(①パブリックコメント不透明、②制定過程不適切、③違憲可能性がある、というはいずれも違法性に関連する主張で、原告の損害についての主張ではありません)

クラウドファンディング説明文で、国賠請求の際の損害の内容を説明するのが当然、ということはないので、書かれていないこと自体問題があるわけではありませんが、この訴訟に勝ち目があると思ってクラウドファンディングに応じているのか、よく自問してからクラウドファンディングに参加するようにして欲しいと思います

記事への反応 -

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん