2020-06-16

男性は有配偶者と比べて無配偶者が早死にの傾向にあり、

女性90年代までは無配偶のほうが死ぬという男性と同じ傾向があったのだけど、

2000年を境として有配偶の女性のほうが死ぬという、男性とは逆の傾向が出るようになった。

原因としては2000年以降の有配偶女性共働き化により、

旦那の世話と子供の世話と賃労働トリプルパンチ負担になっており、

労働だけやっていれば済む無配偶女性と比べると早く死ぬということが言われている。

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん