2020-06-02

平等ってそんなに良かったんかな?

うちの家系戦前まで小作で、農地解放自作農になったわけよ。うちの家族はみんな都会にでて、もう農地処分してる。でも昔地主だった家とも今も関係は良い。

うちの祖父学費も元地主だった彼らから出してもらってたんだよな。なんか賢かったんだってよ。孫の俺は読んでの通りパーだが。

他にも色々あるけど、彼らはうちの上で、俺らは下って意識はあるんだよ。子供にその感覚引き継がせる気はないが、あくまでも俺の世代にはある。

時代遅れで古い感覚なのはわかるが、ホントにそんなに悪いかな?

少なくとも俺は不快に思ったことはない。そこんちのボンは小さい頃はムカつく奴だったが、それは性格の話だから環境じゃなくて。

両家とも村を離れてるから、この関係自動的崩壊した。仮に今でも村で、彼らの田んぼを俺らで引っ掻いてたとして、俺らはその社会体制に疑問を持ったかな。

自分を抑圧する体制に疑問もたないのも不自然でもないのだろうが、その抑圧は平等による抑圧より悪かったろうか?

ある種、他人の所有物になるというのは、もつ方にも責任が問われる。持ちたくないという気持ちもわかる。

自己責任自由意思の名の元に、貧困孤独に追い込まれる人の多さよ。

奴隷根性と言われたら反論のしようもない。というかそうなんだろう。搾取された地位に甘んじるどころか懐かしんでいるのだから

主人ガチャに負けたら悲惨だし、従者ガチャも相当厳しい。今どっちのノウハウも残ってないしな。

ただ疑問なんだが、自由謳歌した結果、結果的階層固定化されたら、一体なんのための自由だったんだ?

それなら誰かが責任を取る体制の方が良かったじゃないか上流階級責任をとる意識なくなったわけだが。

特別に有能なやつは階層の壁を越えられます、それは封建社会でも十分あったろう。

エタと呼ばれた連中は、明治政府自由化にかなり強烈に反対したそうだ。賎業であるからこそあった、革産業特権事実上は失うことになるから。なったし。

階層撤廃して自由平等をばらまくことにより、確かに社会は大きく利益を得た。でも失うものも多かったんじゃないか

自由社会に慣れきったからそう思う面も大きいが、一生使わない自由メチャクチャ多いだろう。一生関係ない自由を維持する為にコストを払うなんて馬鹿げてないか

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん