2020-05-29

巨乳になったのに彼氏が褒めてくれない。

私は努力した。

若い頃の安めぐみが好きだという彼のため、

チキン食、豆乳マッサージ筋トレEMS

古今東西育乳に良いとされるものはなんでも試した。健康被害覚悟の上でプエラリアミリフィカにも手を出した。ついでに体のそのほかも鍛えた。

そして手に入れた身長162センチ体重51キロ3サイズから91、61、95のボディ。顔はまずいが体には自信がある。


しか彼氏が一向に褒めてくれない。

Fカップになったよ!と言って乳を見せても「ほんとだね。大きくなったね。」としか言わない。

小学生の頃、夏休みに育てたアサガオ母親に見せた時と同じ反応。懐かしさが込み上げる。


驚いた事に、私が必死に体の戦闘力を上げている間、彼氏趣味柴咲コウへと移っていた。

彼氏は私より一回り年上。性欲は既に枯れ始め、クールビューティーを好むようになっていたのである


虚しさ。

これが私の2年間の努力の結果か。

努力が必ずしも報われるものでは無いと言うことは理解している。かの福沢諭吉でさえ、必死習得したオランダ語があっさり英語に取って代わられる経験をしている。世の中とはそういうものだ。


分かってはいる。

分かってはいるが、徒労に終わった虚しさは拭えない。

今日もピチピチTシャツを着た。

しかしもうFカップに用は無い。

今更他の男にアピールするのも面倒くさい。私は自分性格理解してくれる人に、巨乳プレゼントしたいだけだったのだ。


ただ重いだけの胸のダブルメロン男体山女体山と名付け、ひとり登山ごっこをする。

そして今日も山頂から不毛景色を眺めている。

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん