2020-05-19

鬼滅の作者への女性差別は見つからないけど、作家男性差別はわりとすぐでてくるね

鬼滅の刃は作者が女性がっかり!炎上!

結局作者がそれでどれだけ困ったかでてこなかったけど、男性作家女性作家として振る舞うよう圧力かけられた話が出てきた。

津原泰水、つはらやすみと読むらしい。

デビュー時では津原やすみという名義で活動していたそうな。

女性だと誤解される余地を残してくれ」

という編集部要望があったらしい(wiki調べ)

ツイッターをやっていて、本人のアカウントを覗くと男性差別を受けた話が投稿されてる。

性別は書くな、あとがきでは女性のふりをと命じられ、パーティに出れば「男だから」と座席が無く、取材は受けられず、他ジャンルから担当編集者から小説と認められず、田舎ではホモロリコンだと嘲られ、すべて笑顔で耐え忍んでも、売行きが翳ればラストシーンも書かせてもらえない世界だった。

本人のツイッターから

売れ行きが翳ったらしょうがないと思うが、新人の扱いにしてもひどい。

ファンの呟きをやたらひがみっぽい解釈引用してたりするので、この通りのことだったかは少し怪しいけど、少なくとも女性名で活動せざるを得なかった模様。

本人の認知によほど問題がなければ、担当編集だけと折り合いが悪かったわけじゃなさそう。

まぁ見落としがあったからってダブスタにはならないと思うけど、フェミっておじさんの被害告白基本的に見落とすよね。不思議だなぁ。

  • うーん、 「本人の」「ツイッター」かあ、 うう~~ん・・・

    • ツイッターで芸能人も政治家もそこらの居酒屋のおっさんと変わらん知力だと証明されたから すっごく身近に感じる 世の中ってシンプルだったんだな かわいい女の子に置換したい奴が60...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん