2020-05-17

"人類共通の敵"が現れても各国が協調なんて出来ないことが判明した件

まぁそりゃそうだろって話なんだが、これまでフィクションで散々扱われてきたケースが現実確認できた意義は大きい。

これで新型コロナ感染力や致死率がもっと高かったら、各国の対立がより深刻化したのは明らか。


今後はエイリアンが攻めてきた系のパニック映画でも、人類が一致団結して立ち向かうみたいな展開は激減するだろう。

逆に「エイリアン共存する」「エイリアン侵略某国陰謀」「エイリアンなんて大したこと無い」とか言う指導者が現れる展開にリアリティが出てくる。

あと対エイリアン用の武器開発をめぐる闇取引スパイ合戦とか、市民エイリアンが紛れ込んでるって噂が流れて私刑が起こるとかetc...

ラストも「エイリアンは一旦は引き上げたが、また近い将来に再び襲来するだろう…」みたいなスッキリしないオチとか。それは「シン・ゴジラ」か。


それと近年のハリウッド映画だと中華市場に媚びての中国ageの展開が多かったが、その流れが果たして続けられるのか?

それでも反トランプハリウッドなら、自国指導者無能に描いて強引に現場ageに持っていきUSA!USA!するんだろうか。

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん