2020-04-28

なんかいろいろあってMOTHER2とか3とかの考察を調べたけど、別に2と3は同一タイトル性を保ってない気がした。


3は3でいい(プレイヤー感情を揺さぶる)ゲームだなあとは思うけど、2に対しては非常に蛇足というか、あれが何億?55億年後?の地続きの話とするにはあまりにも悲劇的というか悪意が強いというか…

悪く言えば


おたくって こういう すくいようの ない つらいめに あう はなしが すきなんだろ。

◆ぼくも さ。


みたいな気配が強い二次創作、という感じがする。確かに好きではあるけど、それを好む自分を後ろめたく感じるような楽しみというか。


2は風刺的だったけど、アメリカンジョークというか、そこまで救いようのない世界ではなかったように思うし、その後3がリリースされる頃にはそういう救いようのなさを求める気配が強くなっていたのも感じてはいる、いるけど、それらを地続きのものとして扱ってしまうのはやっぱり乱暴にすぎるのではないかなあというか…

3がリリースされるまでの時間は、もしかしたらいろいろなものを変えてしまったのかなあ、という気もするし、その感覚はなんとなく3のタツマイリ村の時間経過に似ているような気もする(シアワセのハコのポイントオブノーリターン感とか)


いうてMOTHER3リリースいつだよ…2006年じゃん…全然最近の話じゃないじゃん…

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん