2020-03-29

襖紙の全張り替えが想像以上にきつかったのでメモとして残す

襖の張り替え(交換)の目的理由

実家で30年間も押入れの襖紙を交換していなかったようなので、押入れ内に悪臭が漂っていた。

両親に交換を提案したが、業者に依頼すると、1枚あたり結構金額を取られるようなので、自分がやることになった。

この程度の親孝行くらいやってやるかという軽い気持ちで始めたのだが、これが本当にしんどかった。

購入したもの、使った道具等

交換に必要な物の情報ネット検索した。

襖紙、襖の下張り紙、茶ちり紙、襖の枠外し、襖紙貼り付けようの糊、糊を塗るハケ

はさみカッターハンマー、釘抜き、ボロボロになったタオルマスクビニール手袋湿布新聞紙ビニールテープ

作業内容1 枠を外す。取っ手は無理だった

最初なのでかなり慎重にやった。襖と枠の隙間に枠外しを入れてそこからハンマーとんとんと叩いた。

かなり綺麗に外したつもりだったのだが、一部だけ木の部分が割れていた。

自分不器用だし、しょうがない! 30年以上前のものだししょうがない! しょうがない!

と、言い訳がましく作業をして、無事4つの枠をとった。素人からしょうがない!

なお、取っ手の部分は既に老朽化しているためか、作業からひび割れみたいな状態になっており

これを外したら多分壊れると思って外さなかった。

作業内容2 古い襖紙を破って外す、取っ手を取り外す

びりびり破くの超楽しい!とかノリノリでやっていた。

そして、こんなに汚くなっていたのかやべえなこの家!昔はこんな家に住んでてよく病気にならなかったな!

子供ってすげーみたいな感じでやっていて、頭の中ではすぐ終わるだろうとか思っていた。

  

が、最後に木の枠に残った、汚い襖紙はどうすればいいんだろうと思って調べたら、タオルにお湯で濡らして

それでごしごしすればとれるということが書いてあった。なお、汚れカス大分出る様なので、作業する場所

新聞紙を敷いて作業を行う事とした。

  

こうして、よっしいっちょやってみっか!とかどこかの戦闘民族みたいな気分で始めることになった。そして…。

  

終わらない…終わらない。この襖についた紙がいくら拭いても終わりがみえないよ!

  

とまぁドラクエ6アモールで剣についた血をずっと洗い続けるジーナみたいな感じで襖紙に残った紙をうるかしては

タオルでごしごししていたんだけれど、全然終わらない!

ネットでは、この付着していた紙をしっかりとらないと、貼りつきが良くないとか書いてあるので、完璧にとるために

ずっとタオルで拭き続けていた。するとどうだろうか。

  

作業を開始してから両面を完全に綺麗にするまでに、5時間は経過していた。(休憩30分含む)

実家は、割と自宅から近いので良かったが、遠方からだったら絶対にやりたくないなとつくづく思っていた。

  

作業内容2 襖の下張りを張り付ける

張り紙という表側が紫色の紙を貼りつける。これが最初丸まっているので、ある程度伸ばしてから作業することになった。

これは意外と簡単だと思っていたのだが、想像以上に糊を消費した。多少大目に貼り付けておかないといけないようなので

がっつりと貼り付ける。この後、30分~1時間ぐらい待たなきゃいけなかったので、待つ事にした。

だけど、その間の時間が勿体ないので、もう片面にも襖紙を張り付けて、その後30分ほど休憩をとる事にした。

  

作業内容3 茶ちり紙を貼りつける

これは、どの程度糊を塗ればいいのかよく分からずに適当にやっていたら、茶ちり紙ものすごくべたべたしてしまった。

まり大量に塗る必要がなかったようなので、一回目以降は少量に抑える事にした。

なお、茶ちり紙あくまで襖の見栄えをよくするために使う物らしいので、裏面には貼り付ける必要性はあまりなかった模様。

(両面が襖に成っている場合はこの限りではない)

また、実際に裏面の襖紙を外している時は、茶ちり紙が付いていなかった。

  

作業内容4 襖紙を張り付ける

ようやくメインディッシュこれはすごい簡単。ただ貼り付けて終わり。もう作業に慣れたとき最後の〆。

楽勝楽勝って感じで貼り付けていた。裏面には雲華紙というものを貼りつける。これで乾くまで待っていた。

  

作業内容5 余分な部分を切り取る

襖紙は襖よりも大きめに作られているので、この余計な部分を切り取った。カッターでやろうとしたらすごくやりにくかったので

はさみでちょきちょき切った。この作業はやりにくかった。

  

作業内容6 枠を補修して元に戻す。

枠をハンマーを使ってとんとん叩いて元に戻す。また、枠は何度も開閉をしてきたことで破損していたので、ビニールテープを張った。

黒い枠が削れて木の部分がむき出しになっていたので、テープで補強する事にした。

この傷跡は、恐らく自分子供のころにつけたものだと思われるので、やんちゃだったんだなぁとしみじみとした。

  

作業を終えて

この作業を終えるまで10時間以上要している。ド素人が襖紙を交換しようとするとここまでかかった。

そして、これはまだ1枚目だったんだ。他にも反対側の襖、別な部屋の押入れ、更に押入れの上にある天袋の襖などがある。

まり一枚目でこんなに時間を要したのである

たかが襖紙を交換する程度だろ楽勝楽勝フンフンとか最初鼻歌で気分よさげにしていた自分をぶん殴ってやりたい。

  

もう材料は全部買いそろえてしまっていた。今更後戻りはできなかった。

両親に後は自分たちでやってねなんて言えるわけもない。

「襖紙の交換くらい簡単だし、やってやるって! 安心してくれ!」

なんて親指を立てて言った自分を助走をつけて思いっきりぶん殴ってやりたい。

  

で、これらの作業をようやく全部終えたので、この日記を書いている。

では完走した感想だが…

  

ふすまがみ、こうかんしたら、つかれたよ」

もう辛い! 辛かった! 本当に辛かった!

誰か自分を褒めて! 労って! すごいよお前、頑張ったよって褒めちぎって!

トラバとかブックマークして褒めて!

休日を潰して両親の為に襖紙を交換したことを褒めて!

親孝行したことを褒めて!

  • お疲れ様。 最近はシールタイプで既存の襖に上貼りできるのがあるから、次はそういうのにした方が良いよ

    • どうもありがとう 下地から全部貼り替えしなきゃいけなかったから、今のを張り替える時はシールタイプにするよ まぁ正直もう張り替えたくないんだけどね!

  • すごーいえらーい、障子ですら張り替え大変なのに襖とは!

    • ありがとう。ありがとう! 大変だったけれど頑張ったよ!

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん