2020-03-09

歳を取ると、青春作品感情移入できなくなる

青春作品という枠には、恋愛友情学校生活未成年向けアクション、同ファンタジー、夢、音楽といった、青春時代に執り行われる一切を含む

どう取り繕ってもそこに自分の姿を置くことができないからだ

そして人はどこに行くのか。懐メロという、老獪の客観的な参加を許される枠。若さを捨てた作品群、演歌演劇演芸古典名作

脂身を受け付けなくなった言い訳赤身を尊び、権力をかさにふるい赤身至上主義とする。そして老獪に媚を売る作品ばかりとなる

若者若者だけで作品サイクルをまわすべき、評価に老獪を混ぜてはならん

閑話休題

若者向け作品はもう辛い。学習コストの低いリバイバルばかり。収入は増えども可処分所得も投入可能時間も体力も青春時代より少ない

さみしい

特別好きというわけでもない時代劇任侠ものくらいしか身体が受け付けてくれない

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん