2020-02-18

漫画家アシスタントしてた頃の話

学生の頃漫画家アシスタントをしていた。絵の道に進む為じゃなくて好きな漫画家が新連載の為にアシ募集しててダメ元でやってみたらそれなりに描けると言うことで受かった。

これはガッツリ背景とかじゃなくて、心の声を表現する時に使うウニフラッシュってやつや集中線とかトーンとかがキレイに描けるって意味なので俺の絵は下手。やってるうちにコップみたいなもの簡単な背景は描けるようになった。

他のアシスタント漫画家志望で、俺はよく「先生のただのファン」と言われていた。先生は有り難いと言って流してくれてたが、アシからは明らかに馬鹿にされてたと思う。

先生がいる時は黙々と作業していたが、仮眠などで先生がいない時のアシ部屋はマウントの取り合いで険悪だった。先生マウント取ってるアシもいた。先生私物を触ったりする人も居てヒヤヒヤしてた。

ある日仕事をしに行ったら、他のアシスタントが皆いなかった。先生はあっけらかんと笑って「もう来ないんだって〜」と。

え…俺一人で作業絶対無理…と思ってたら、クソ忙しいのに先生が超スピードで仕上げてた。途中で編集さんがプロアシスタント?を連れてきてくれて、〆切には間に合った。

何があったかただのファンアシスタントには聞けなかった。でも、次に来たアシスタントは凄くいい人達で、編集さんがものすごく厳選した?のだろうなぁとなんとなく思った。実際どう選ぶのかは分からないけど俺は編集さんに軽く面接されたから。

今でも時々あのアシスタント達はなにやってどうなったのか気になる。ペンネーム本名検索しても出てこないが、漫画家になってるんだろうか

注目エントリに入ってたか追記

貴重なアシスタントの話、給料出版社じゃなくて先生が出してたから激安だったみたいなんで良いかな。プロアシは給料高くて継続して雇えないって言ってた

あと消しゴムかけるの早くなった。俺はとにかく簡単もの、枠線引きとかフキダシとかの楽な線引きと修正と黒く塗りつぶす作業とか最初に書いたウニフラ(これはちょっと難しい)くらいしかやってないから貴重な体験実はそんなに書けねぇわ…簡単な背景も本当にドアだけとかだったし…つけペンで綺麗な線を引けるだけで雇われた存在だったか給料貰っててずっと申し訳無い気持ちがあった

  • anond:20200218154035

    面白い! (他にもあったら書いて~ マンガ以外の話でも増田のは面白そうだ)

  • anond:20200218154035

    うんち

  • anond:20200218154035

    いきなり自分以外が全員やめる展開がリアルじゃない 筆力が足りないので省略しているだけ やり直し

  • anond:20200218154035

    早い段階で漫画家諦めるのは正しい選択だと思う 潰しがきかない職業だから 最悪、目標が達せられなかったとき、別の目標、職業に切り換えることも考えて職業を選ぶべきだと思う、凡...

  • anond:20200218154035

    漫画家アシスタントの貴重な体験談が読めるとクリックしたら 低俗で低次元な嘘松だったときのガッカリ感

  • anond:20200218154035

    実は連載終了が決まって、アシスタントと契約打ち切り。

  • anond:20200218154035

    飯やコーヒー買い出しに行ったり、先生にケツを貸したりしたの? 自宅?マンションで仕事部屋借り? 先生を原稿を汚してアアーッ!みたいなエピソード教えなさい!

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん