2020-02-15

政治に参加して、許せないものを探すようになった。

当方ネット政治にどっぷりつかっていた増田

政治に傾倒して10年以上たった。


ネトウヨはてサヨフェミ、まあ、どれかは言わないでおく。

最初純粋だったと思う。

困ってる人を守りたい。助けたい。そんな感情だった。

不正義と戦うために及ばずながら微力を尽くしたい。そんな考えだった。

下手な記事を書いたり、ツィートしたり、流れてくるネット情報にそうだそうだおと思っていたり、まあそんな雑魚だった。

しかし、アルファと呼ばれる人間が、自分記事RTした。そしてその影響でブクマが付いた。

RTは数百単位ブクマは10ブクマぐらい。

これで歯車が狂った。おかしくなった。

人間が弱かったということなのだろうが、そのとき快感は「自分が認められた、自己表現ができた。褒められた」そう思った。

そうして徐々に狂って言った。

今でいうところの信者とか、ファンネルとか、そういう立ち位置になっていった。

一番頑張ったのは「教祖に褒められること、バズること」に熱心になった。

まるで手柄を立てるために躍起になる足軽みたいだった。

一番の手柄になるのは、「こんなひどいけしからんものがありますよー。みんなー見てくださいー」と晒すことだった気がする。

から毎日毎日許せないもの検索して晒した。

そうすると「これは使える」「これは使えない」という形で反応される。

使えるネタバズる。使えないネタはバズらない。

自分は手柄を立てることに躍起になって、けしからんものを探した。

それを見つけると、今度は「みんなが炎上させてやる」と炎上拡散をしていった。

それが楽しかった。

から自分は、わずかでも価値観に沿わないものを探す探知機になった。

グーグル検索で、twitter検索で、ありそうな単語で「こんなけしからんものが」と探し続けた。

そのときにはもう、自分の許せる許せない、という正義感はなかった。

ただ、機械的に「これはバズるか? バズらないか?」を考えていた。


毎回萌え絵バッシングしてる人の気持ちが実はわかる。

もうただ、「手柄を立てるために探す」人間がいて、「必死毎日画像検索してる」だけなのだ

どうしたらこの探知機になった人が抜け出せるのかわからない。

こんなはずじゃなかったと思う。

正義の味方になりたかったはずなのに、炎上狙いの放火魔になっていた。

そういう人は多いと思う。

  • anond:20200215114321

    ネットから離れてマインドフルネスでもしてみ。 疲労度が高いと自分が簡単に触れれるものにつられやすくなるぞ。で、そうやってつられて書くと疲労度が上がる。 離れて疲労度を下げ...

  • anond:20200215114321

    何が問題って金銭的な報酬の伴わないことで承認欲求を満たしても何も残らないんだよね。 正義を振りかざしてもその場その場の感情が満たされるだけで世の中が変わるわけでも自分に...

    • anond:20200215120137

      怒りは貧乏人の娯楽 金を稼ぐ能力がない寂しい人は正義しか人とつながる術がない

  • anond:20200215114321

    で、 もう足あらったんか?

    • anond:20200215202533

      ネットで検索してさらすことを定期的に必ずやるというのはほぼない。気になったら調べる程度になった。

  • anond:20200215114321

    解決小池さんを昨日思い出させられて思ったんだが、許せない=死刑って短絡すぎないか、 というか、敢えて、その許せない対象を生かして、唾を吐きかけたり侮蔑の対象とするように...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん