2020-02-10

カズ・ヒロさんは「こう言うのは申し訳ないのだが、私は日本を去って、米国人になった。(日本の)文化が嫌になってしまい、(日本では)夢をかなえるのが難しいからだ。それで(今は)ここに住んでいる。ごめんなさい」

ウィンストン・チャーチル~」で受賞をした時にも、彼は、「日本代表して」とか、「日本人として初の」というような言われ方をされるのが、あまり心地よくないと語っていた。

日本人は、日本人ということにこだわりすぎて、個人アイデンティティ確立していないと思うんですよ。だからなかなか進歩しない。そこから抜け出せない。

一番大事なのは個人としてどんな存在なのか、何をやっているのかということ。その理由もあって、日本国籍を捨てるのがいいかなと思ったんですよね。

マスコミ京都市出身カズ・ヒロ氏、受賞!!!!!!!!!!」

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん