2020-01-25

懲役18年以上の可能性も】バス運転手自転車に対して幅寄せ煽り運転といった交通犯罪危険行為をした動画の要点まとめ

道路交通法において自動車には自転車歩行者を優先保護する義務があり、それを怠れば刑務所懲役実刑もある。

煽り運転でもどっちもどっち論を展開する無知な輩が居るが、石橋和歩は煽り運転懲役18年判決を受けており、いか自動車危険運転においてどっちもどっち論が裁判通用しないかがよくわかる。幅寄せ煽り運転自動車という凶器を用いた凶悪犯罪

警察庁は「あおり運転等を受けたら積極的通報してください」とコメントしており、幅寄せも含めて自動車危険運転については厳罰積極的適用していく方針

交通事故において刑務所懲役囚人のほぼ全員は自動車運転手。石橋和歩のように自動車という凶器を用いた凶悪犯罪者として実名顔面が繰り返し報道されるケースも多い。当然、ネットにも永久にその犯歴は残り続ける。

自転車危険運転自動車ノックするのは自分存在認識させる為の安全確保、危険回避として裁判でも認められる余地が大いにある。

交通事故において刑務所懲役囚人のほぼ全員は自動車運転手(石橋和歩のように実名顔面が公開されるケースもある)

自転車に対して危険運転するモンスター運転手は他の歩行者乗用車にも同様の危険運転をするのが常であり、免許停止や免許取消等で処罰されてこそあらゆる重大事故は未然に防ぐことができる=国民利益向上

余談

警察庁統計において、自動車乗車中の年間死者数は約1200人にもなり、自転車利用中の約3倍も自動車車内で死者が発生している計算になる。国民保有台数において自転車自動車は同等にも関わらず自動車運転手は事故死率が高い現実

自動車典型的負債と言われている。負債とは、カネを生み出さず、カネばかりが飛んでいってしまう損するものを指す。「自動車は40年間で3396万円以上も無駄になり損をする負債」という記事も大きな注目を浴びた。ゆえに現代では富裕層でも合理主義的な考えの者はそもそも自動車を所有しない場合も多い。自動車運転自転車より事故率も死亡率も高く(保有台数における事故率死亡率統計参照)、交通刑務所懲役囚人のほぼ全員は自動車運転である現実もある為。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん