2019-12-28

Twitter分散化で荒れるSNSマーケティング

Twitter分散

そのネットワークシステム分散化を目指すことが発表され、再びSNS分散化へ注目が集まっている。

この発表は日本語圏でもテック系を中心とした様々なWebメディアが取り上げており、日本でも注目されている。

Twitterのこの発表は驚くべきことだ。何故なら誰でも参加できるオープンAPIプロトコルを整備するということなので、これまで開発・運用されてきたWebコミュニケーションサービスによって結論付けられたものと逆行した動きだからだ。

この結論テック系で持て囃されているチャットWebサービスSlackの例を出すのが理解やすい。

一時期チャットサービスではXMPPというオープンプロトコル採用するのが一般的だった。これはYahoo!メッセンジャーでもGoogle Talk(現ハングアウト)でもMSNメッセンジャーでもFacebookメッセンジャーでも採用されているプロトコルだ。

しかし、Googleはハングアウトの展開と同時にXMPPサポートを辞めることを発表しXMPPの流れが変わった。

XMPP採用しているとすべての会話ログユーザは得ることができる。会話ログというのはコミュニケーション歴史であり、ある時は強力な証拠となり、それは貴重な資産であることは明らかだ。

からこそSlackXMPPサポートを辞めた。Slackの有料プランにある検索機能意味をなさなくなるからだ。ユーザ別にSlack課金せずともXMPPを介して手元へ全ての会話ログを保存し検索できた。

ビジネスとして見るならばGoogleSlack判断理解可能であるし、だからこそ何度となく資金難が騒がれているTwitterが会話ログ自由アクセス可能APIプロトコルを整備しようとすることに一部の有識者は驚きを隠せないのである

ある有識者たちは言う

「会話ログマネタイズよりも通信コストを抑えたほうがTwitterとしては低コストとなる試算が出たのではないか

分散化をするとして現在Twitter収益の中心である広告配信システムはどうするのか」

Twitterが握っているシェア分散化するとは考えにくい。Twitterの言う分散化とはメッシュ分散化ではなくTwitterトップとするツリー分散化なのではないか

Twitter言論管理に疲れ果て、各国の分散Twitterサーバ管理者言論管理を任せるのではないか

様々な憶測が流れ、更にはジャック・ドーシーブロックチェーンにまで言及したため仮想通貨界隈の魑魅魍魎までもが反応してしまうという事態へ至っている。

ActivityPubという先例

SNS分散化において最も理解ある集団と言えば間違いなくActivityPubプロトコル界隈だろう。

より理解やす表現をするならば、こう言えば良い「Mastodon界隈」だと。

ここに来てドワンゴpixivマネタイズへ失敗し、Mastodonブームの際にインターネットユーザからTwitterとの違いがわからないと一蹴されたMastodon界隈が、Twitter分散方針の発表により最大の理解を示すというのは何ともドラマティックである

正確にはMastodonサーバ通信へ利用しているプロトコルがActivityPubであり、ActivityPubを採用しているのはMastodonだけでなく他にも数多くの分散SNS存在しており、ActivityPubを採用している分散SNS相互通信可能なので、Mastodonをも含んだActivityPub界隈はTwitter分散化へ興味深く関心を寄せている。

SNSマーケティング担当者決断に迫られている

それは「分散Twitterの登場を待つ」「既にあるActivityPubへ投資する」の二択である

現在日本語圏でSNSの主流になっているTwitter分散方針は示された。この方向性は数年後はわからないが数カ月で変わるような方針ではないだろう。

なぜ数カ月で変わらないのかと言えば、Twitterは既にバックエンド開発でBitTorrentを用いたP2P分散化による運用をしているかである。つまりTwitterにはもう既にある程度のネットワーク分散化のノウハウ存在するのだ。

分散化のノウハウがある中でTwitterユーザ体験するサービスまでも含めて、わざわざ専門チームまで立ち上げつつ、分散化の方針を示したのだ。これは本気度が高くなかなか変わりようがない。

問題Twitterがどのような分散化をするのか現状では一切わからないことである

Mastodonのようにセルフ分散Twitterサーバを立ち上げられるのか、許可制代理店方式か、単にAPIを利用できるのか、全くわからない。

しかも、先例であるActivityPubは主にITエンジニアリング界隈から評価が既に定着しており、分散SNSの開発速度は現状で間違いなくActivityPubの方が速い。来年仕事始め2020/1/6からActivityPubでSNS開発を始めようと言えば始められるくらいに速い。

IT業界特にWeb界隈は移り変わりが速く、しか先駆者が強い傾向があるのは明白だ。分散Twitterを待ってActivityPubがデファクトスタンダードのし上がったときは目も当てられない。

しかし、ActivityPubがデファクトスタンダードになるかはわからない。シェアをどちらがより多く獲得するかは神のみぞ知るというところだ。

わかるのは2020年以降SNSの再編が始まるということだけだ。

何処へ投資するのか、参加するのか今から考えて早いことはないだろう。

  • anond:20191228090511

    SlackはSNSじゃないじゃん、いい加減な記事では。

    • anond:20191228091053

      SNSの定義ってメチャクチャ広いからSlackどころかEメールすら広義的なSNSに含まれるよ ChatやBBS、E-Mailのあとに成立した言葉がSNSだから含まれてしまうんだ

      • anond:20191228091520

        そうなんだ、広義のSNSを前提に記事を書いてるとしてtwitterとslackを比較するのはナンセンスだと思うけどね。

        • anond:20191228091800

          slack は立派なSNSだよ。 運用がクローズドで、誰でもどれでも観られるわけじゃないのがツイッターとは異なるだけ。

          • anond:20191228092313

            異なる点があまりに違うんだが。だから比較はナンセンス。

        • anond:20191228091800

          通信プロトコルの話なんだから別にナンセンスじゃなくね? Slackが採用してたXMPPとか電子メール通信プロトコルをチャットに応用したものだぞ ジャックドーシーがSMTPって言ってるけど...

  • anond:20191228090511

    Twitterが分散化するとどんな影響が出るんだ?

    • anond:20191228091816

      MastodonというかActivityPub的なメッシュ型分散化をすると、ユーザは参加する分散Twitterサーバを選択できるようになる 分散Twitterサーバの品質はまちまちで、企業による高品質で落ちにくい...

      • anond:20191228092251

        急にアベガーと言い出すところ、なろう小説で急に作者が民族差別主義を駄々漏れにしてしまう感があって好き。

        • anond:20191228092917

          わかりやすいと思ってw 実はここからもっと先を想像してほしかったのだけれど、言論対立が発生すると分散Twitterサーバ同士のドメインブロックなどが発生する可能性もあるのよね つ...

          • anond:20191228093411

            元増田の記事にはそんなことは書いてない。

            • anond:20191228093556

              ActivityPubがそうだからだよ もしActivityPubのような分散方式を選んだらそうなる 実際にActivityPubでは既に起きていること(通称Gab問題) もちろんActivityPubのような分散方式を選ばなければそ...

              • anond:20191228093833

                そうだね、どちらになるかは神のみぞ知るって元増田に書いてある。

      • anond:20191228092251

        TwitterはTwitterのまま使えるの?

  • anond:20191228090511

    わかるのは2020年以降SNSの再編が始まるということだけだ。 ↑力強すぎだろ。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん