2019-12-12

今日友人たちとおっパブに行った

もう10年くらいの付き合いになる友達忘年会と言う建前のとりとめのない飲み会をして、

二軒目でキャバクラガールズバー?(正確な区分がわからない。1対1ではなく、同じソファに座るけどお触り不可)に行き、

3件目でおっパブ(だと思う。公式サイトにはそう書いてあった)に行ってきたけど

おっパブに行くのは人生で初めてで、まあ勉強になるかくらいの気持ちで行ったんだけど、

なんというかただただ虚無だった。

勿論おっぱいはあった。確かにそれはそうだ。だけどあの空間を楽しめるほど自分自分が好きでなかった。

思うに、キャバクラなりガールズバーなり、その手の女の子と会話する店に行って楽しめるのは

1.自分世界に受け入れられてもらえるという自信がある

2.ある程度割り切れる

この2つが必須条件だと感じた。

ちなみに、1は無いけど2だけある人はソープとかデリみたいな抜きメインの店に向いていると思う。

逆の人はなんだろう…マッチングサービスとかすればいんじゃないですかね?

話を戻して1でも2でもない自分場合自己肯定感の足りない人間があの手の店に行っても、嬢の話すこと全てが嘘に聞こえる。

嘘に聞こえても、そこを割り切ってロールプレイ一種として楽しめればいいのだが、

そこが割り切れないと、「こんな自分のためにリップサービスさせてすみません」という気持ちのほうが勝ち、より気分が落ち込んでいく

更に、周りの友人達はおっパブを楽しめているわけで、そうなってくると「自分は本当に彼らの友人足人間なんだろうか」とまで考えてしま

負のスパイラルである

帰り道、香水匂い自分からすることに軽く嫌悪感があった。

  • anond:20191212020606

    楽しかったようでなによりですねー。

  • anond:20191212020606

    よく知らんが、オッパイ揉めて抜き無し?何が面白いの?

  • anond:20191212020606

    おっパブはベロチューしておっぱいを揉んだり吸ったりしに行くところで、自己肯定感とかそういうことを得に行くところじゃねえ

  • anond:20191212020606

    凄く分かるわ。なんというか、理性と本能の切り替えがうまくできない、理性を育てすぎたせいでロールプレイできないというか。 お酒を飲んでふと正気に戻る時に似ている。相手のし...

  • anond:20191212020606

    嬢の話すことが全て嘘なのは当たり前。 おめーのトーク技術が足りないか誉め言葉欲しがってる顔してるから、嬢も言いたくもないよいしょトークしなくちゃいけないんだよ。 おっぱい...

  • anond:20191212020606

    キャバクラなりガールズバーなり、その手の女の子と会話する店に行って楽しめる んだから、単なる嗜好じゃない? 自分の中の理屈に引き寄せて考えているだけで。空虚かどうかで...

  • anond:20191212020606

    おっパブって単語を見るとサンテレビのマスコットをイメージしてしまう

  • anond:20191212020606

    わかる。風俗でも一緒。 こんな俺と一緒にいるのはありえないくらいの子が目の前に居るだけでビジネス感が満載になる。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん