2019-12-08

差別反対」の覚悟が足りない

暴力的な男がモテる」という都市伝説 - はてこはときどき外に出る

http://kutabirehateko.hateblo.jp/entry/2019/12/07/174829




1.問題記事デマではなかった

米国2018年に「性差別的な男性は嫌だ!自分男女平等的な態度を示す男性を支持する」と主張するフェミニストは実際に男女平等的な態度をとる男性を嗜好しているか?を調査した研究がある。当初は本人の申告通り、女性達は本人が自己申告するフェミニスト度(男女は平等であるべきという信念)が高いほど「男女平等的な態度をとる男性」を志向すると思われていたが、実際はフェミニスト度が高いほど性差別的な男性に魅力を感じていたことが明らかになった。このように、人間性愛において主観における自己認識客観的現実符号するとは限らない

男性人格においてモテ非モテを分けるのは暴力である」に対する補遺reinote

このnote引用してデマ呼ばわり(記事自体根拠捏造であるとした)したのに実際にはソースちゃんとあったhttps://journals.sagepub.com/doi/full/10.1177/0146167218781000 という時点で今回の記事は討ち死にだと思います


2.そもそも何について反論したいの?

そもそもはてこさんやキリンさんは何に反論たかったのでしょうか?

ジェントル性差別的な男性モテるという話、私には全然自然さを感じられません。それはあるだろうなと。

女性向けコンテンツを見ればわかるし。モテってそういうものでしょう?

これに「嘘だ!」っていう人はとぼけすぎ。


そもそも感動とか何かに魅力を感じるというのは動物的な部分なんです。

フェミニストであっても性的役割が強調されている異性に魅力を感じるのは当然。

この部分から嘘と言いたがる人は全然信用できないです。

とぼけてるで違うなら、覚悟が足りない。


3.差別反対は苦しい道

差別生物が生まれ持つファンクションです。私もあなた差別が大好き。

ある傾向の異性を好ましいと思うのは間違いなく差別です。

わが子をよその子より可愛いと思うのも完全に差別です。

ありのままの心で、自分気持ち大事に生きるというのは差別的な動物として生きていくということ。


差別反対」という理想

まずは当人がおのれの動物的な心を観察して観察して、その心をしつけて乗り越える意志を持たないと唱えることも出来ないものなんです。

なのに現実に「差別反対」を旗印にする人は他人を罵って他人説教するチャンスばかり探しているでしょう。

自分差別丸出しのまま、動物剥き出しのまま、自分動物であることも認めず、他人非難ばっかりする行為を「差別反対」だと思っているんです。

からあの人たちにとって「差別反対」は楽しいことばっかりの快楽なんです。

本当に理性的に「差別反対」に取り組もうと思ったらそんな気楽なスタンスであるけがない。

大変に厳しく自分を戒めて人格を向上させていく修行の日々になる筈ですから


4.自己観察のない嘘つきは信用されない

キリンさんもはてこさんも、

あの程度の当たり前の記事を血相変えて否定しようとすること自体あなた達の信用のならなさを示しています

男性の性欲のみならず女性の性欲だって動物のものですから

私たちの理性によって打ち立てた理念私たちの本性と対立しているのは当然なんです。

「私は差別大好きなメスですがそれを知性と日々の戒めで克服しようとする途上にいます」という人なら信用できます


男性についても同じ。

「私は全くシミのないフェミニストです」みたいな顔をする男性は大ウソつきの他人攻撃大好き人間騎士団男子にすぎません。

「私は差別大好きなオスですし体がグラマーで頭悪いメスに惹きつけられる本性がありますが、人間として生きるために本性と戦っています」という人が本当に信用できる人ですよ。

シュナムル氏なんかを信じる時点でその人の知性はさびています

彼を信じて自分で調べもせず攻撃的な気持ちになってブログを書いたから、今回の記事だってあえない討ち死にを遂げたでしょう。

  • anond:20191208091457

    進歩派思想こそ理性が必要っていうのは本当にそう。 保守派思想は言っちゃ悪いけど朴訥なバカでも出来る。 だから頭よくない人なら保守やってる方が悪臭や害は少なかったりする。

    • anond:20191208093147

      この国の自称リベラルっていうのがまず頭良くない上に性根が保守だからね 正直にそれ認めた方が楽になれると思うんだけど

  • anond:20191208091457

    動物的な欲求を人工的な代替物で充足してるだけなのにキモオタだの性的消費だのと石投げられるのはなんとかならんのか

    • anond:20191208094136

      それも「我々の根っこの欲望はキモい→けど理性でなるべく無害な道を選ぼう」的なソリューションが気に食わないからだろうね 自分のことをキモくも汚くもないと思ってる人間ほど攻...

      • anond:20191208095447

        自分の欲望をキモいと思っているわけでは別にないんじゃないかね 単に手っ取り早いからそうしてるだけだと思う

        • anond:20191208100000

          思ってないと思う でなきゃあんなに自分のお気持ちに絶対の自信なんか持てるか?

          • anond:20191208100053

            よくわかんないけど自信の有無とその根拠は本人にしかわからないので推測は不可能だと思います

  • anond:20191208091457

    女性はこの社会に対して一切の責任を負っておらず、清廉潔白の存在であるっていう もはや信仰の域に達している

    • anond:20191208095721

      何かあるとすぐ誰かのせいにして責任を回避するなら最初から庇護される側でいればいいのに なんでわざわざ社会に出てこようとして、しかもおいしいとこだけかすめ取ろうとしたがる...

  • anond:20191208091457

    最近のネットフェミニズム、男性は男らしさを降りるより現代的かつ保守的な男らしさを身に着けろというメタメッセージがネットフェミニストから出てきている様な不可思議な感覚に...

    • anond:20191208103611

      そんなのはフェミではないよ。

      • anond:20191208110303

        フェミニズムではないのかもしれないが、そういう誤解に大衆を(もしかしたら専門家をも)導くのはフェミニズムなのかもしれない

      • anond:20191208110303

        フェミニズムのアカデミアの運動接近による荒廃と運動の先鋭化の結果 宗教保守的パターナリズムに至るのは本当に笑えない 自由惑星同盟かよ

      • anond:20191208110303

        昔は批判対象だった家父長制にもいいところはあるよね、全否定じゃなくていい部分は協力して取り込んでいこうねっていうのが第四派フェミニズムじゃないの

  • anond:20191208091457

    学歴や経済力などの裏付けがないまま、フェミ思想に染まった女性がどうなるかの見本品みたいなもの。 女性の人権=女性の経済的自立と表裏一体なのに、彼女らはそれを無視しようと...

    • anond:20191208112350

      だいたい経済的自立なんて男にもあるのかわかったもんじゃねえからな 所属先のカルチャーが狂っていても生活のためには従うしかないし、そのうちに自ら順応までしてしまう 無条件の...

  • 男には 男の役割 女には 女の役割がある 例外はあっても構わない

      法の下において 男女平等は正しい                                                                   ...

  • anond:20191208091457

    いくら数は多しと言えど女はマイノリティなんだよな。フェミ文脈においては。

  • anond:20191208091457

    キリンは知らんが、はてこは別の記事で思いっきり「私はこう思う。それに私の周りはこうだから、間違ってるに違いない」みたいな言説ぶちかまして、典型的な話が出来ない奴じゃん...

  • anond:20191208091457

    両者のわかりやすい特徴は「はてな上で差別発言をしたことがある」ですね そのくせ差別反対を掲げてるので、簡単に言えば自己崩壊に耐えられずキーキー他人に八つ当たりしてるんで...

  • くたびれはてこ氏は他人を批判する理屈が自分に適応されない都合のいい脳みそをしてる

    確かに筑波大卒の年収700万インセル芸で人気を集めてたが 彼女ができてからはADHDネタで人気稼ぎしてそれもネタ切れしてきて ネタかぶり発言増えてきてそろそろ限界がきつつ...

  • anond:20191208091457

    >男性の性欲のみならず女性の性欲だって動物のものですから、 >私たちの理性によって打ち立てた理念が私たちの本性と対立しているのは当然なんです。 現状ここに前線があるよね...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん