2019-11-30

谷山浩子を人前で歌うの楽しすぎ

anond:20191127002017 の続き

ここんとこ、一人カラオケ谷山浩子を歌いまくる、練習しまくるのにハマってるんだけど、

地元ライブスタジオ?つきのカフェというか食堂みたいのがあって、普段ライブやってんだけど、月に3回くらい、単にカラオケをするだけの日がある。

11月の初めに初めて参加した時は、まだ谷山浩子一人カラオケ熱は始まってなかったので、ひたすら中島みゆきばかりを歌った。

(ちなみに中島みゆきは、キーを6個下げるか6個上げて歌うよ。谷山浩子は3〜4個キーを上げることが多い。「風を追いかけて」は5個さげて、「てんぷら☆さんらいず」「犬を捨てに行く」は5個あげるとちょうどいい。)

でも、昨日は、ついに、谷山浩子ばっかり、ついに歌ってきたぞー!

楽しすぎたー!

おっちゃんなお客さんが二人いて、どちらも年代的に谷山浩子を知っていたので、谷山浩子についてヒトに言う時によくある反応「タニヤマヒロコ?ハテナ?」となられなくて、良かったー。知らんヒトには「まっくら森とか……ゲド戦記主題歌のテルーの唄の作曲とか……」とか大体説明することになる。何ていうのが一番通りいいんだろ?

「猫のみた夢」が始まった時は、猫の鳴き声が最初に入ってるので、お客さんみんな「お??なんだ??なんだ??猫??」ってなったの、楽しすぎ。

ところで、谷山浩子の歌って、いかにも「歌い上げて終わる〜!」って感じの曲は少ないのかな?

かに終わる、不穏に終わる、美しいメロディーで終わる、そんな感じの曲が多い。

中島みゆきの歌が「テメー、このやろうー、おんどりゃあ!」ってメロディーが多いから、それと対比してるのかもしれないけど。

Moon Song」「あかり」「Door」「真夜中の太陽」が、歌い上げて終わるって感じかな。他にもある気がするけど、思いつくのはそんな感じ。あ、「雲雀」もだね。よーーーーーりろーーーーーい♪♪

そういや、「フィンランド」を歌ったら、一緒に来てたお客さんの女性二人が、めちゃうけてた。ありがとうモンティパイソン。次は「まもるくん」を歌うしかないな。「偉大なる作曲家」も行きたいとこだけど、最後セリフが意外と難しい。

はー、谷山浩子縛りカラオケオフ会、参加したみ募り気味〜。

記事への反応 -
  • 14歳のときに「浅い眠り」で中島みゆきにはまり、16歳くらいで「谷山浩子」をなんとなく聴き始めた。 中島みゆきは世に楽譜があったので、買ってコードをピアノで鳴らしながら歌っ...

    • anond:20191127002017 の続き ここんとこ、一人カラオケで谷山浩子を歌いまくる、練習しまくるのにハマってるんだけど、 地元にライブスタジオ?つきのカフェというか食堂みたいのがあっ...

    • 田舎に一人カラオケ少なすぎ、いまは快活CLUB一度だし。2店舗しかないし、満員だし。地方にももっと作って欲しい。

    • anond:20191127002017 の続き?

    • 十年くらい前はDAMのほうが多かったような気がするけど、最近じゃ逆転してるのかな。もう長いこと行ってないからわからんや

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん