2019-11-22

日本にはゲイ映画がない。

アジアで初めて台湾同性婚法制化したけど、台湾は21世紀になってからゲイレズビアンが出てくる映画がいくつか作られている。

藍色夏恋

花蓮の夏」

「GFBF」

とかは日本でも公開されてスマッシュヒットしたし、見た人も多いのでは?

日本公開されていないゲイレズもの台湾映画は他にもあるし、

別にそれがメインでなくても、ちょい役がゲイだったりレズだったりすることも多い。

現代若者感を出すなら、とりあえずゲイレズ出しとけばOKみたいな空気さえ感じる)

花蓮の夏」はゲイセックスのシーンも出てくるし、上記の3作はコメディ要素ではなく、純愛だったりシリアスな展開だったりする。

ひるがえって日本ではどうか。

おっさんずラブ」は同性愛というよりはBLコメディってかんじで、リアルゲイ演出しようとしていないし、

日本映画ゲイセックスシーンがあるのってないのでは?

たぶんゲイ役をするのを俳優が嫌がるか事務所NG出すのかなあ。

何が言いたいのかというと、台湾同性婚法制化した背景には、文化的文脈があったということ。

ゲイ映画レズ映画ガチ目な空気で作ることがまったくできない日本では、まだまだ同性婚法制化は遠い未来だろうね。

  • 戦場のメリクリはあかんか 日英合作だけどさ

  • リズと青い鳥はゲイ映画でもあると思うよ

  • 日本で一番見られてるゲイ映像、真夏の夜の淫夢だと思う。割とマジで

  • 主なゲイ映画作品 (ゲイが主題、ゲイが準主役の映画。重要なキャストにゲイが登場する作品を含む) 惜春鳥(1959年、木下恵介監督) 肉体の学校(1965年、木下亮監督、三...

  • 名前忘れたけど手塚治虫が原作のやつとかあったじゃん?

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん