2019-11-20

自分人生が終わっていくのを見ている

死にたい

就職もできずアルバイトにも受かることができず、ただただ親の資産を食いつぶしているだけのアラサーという現実

将来への不安で頭が一杯になっている

手に職をつけようとプログラミングもやってみたが、俺レベル低能には写経以外なにも進展せず、仕事にはならんレベルだし

かといって就職活動を完遂できるようなコミュ力を持っているわけではない

昔思っていたなりたい常識的生活からどんどん遠ざかっていくばかり、数少ない友人は人並みに幸せになっているというのに

出遅れた知恵遅れの人間には救いはない

形だけでも社会に貢献できるようなことは、ひとつもない。

今日散歩していたら、自分と背格好・衣服の似た爺が独り昼日中から立ちションをしてるのを見かけ、将来の自分を見ているようで涙がでてきてしまった。

こんな風になるまえに、自分自分で支えることができないまま俺は自殺を選ぶのだろう

どうしてこんなふうになってしまったのだろう。助かるためにはどうしたらよかったのだろう。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん