2019-11-05

祈りと異質な巨大芸術 平和祈念像 法王は今回も立ち寄らず

北村戦前戦中にわたり戦意高揚のための軍人像などを数多く手がけた。

 反核反戦美術評論家、故針生一郎氏は、北村について「戦後一転して平和自由をうたいあげる公共彫刻に意欲を燃やしたが、戦前戦中の自作についての深い反省もなく百余歳まで生きたので、各地に醜悪無残な彫刻公害を残している」と酷評。その代表格が、北村戦前戦中の作風そのままの男性裸像、平和祈念像ということなのだろう。

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.nishinippon.co.jp/item/n/554327/

O村氏はこの像を支持するの?しないの?

anond:20191105123405

記事への反応 -

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん