2019-10-22

同期の話

時々ある会社飲み会。気心知れた友達との飲み会じゃないからもちろん気は乗らないし、正直誰だって行きたくないでしょう。

弊社は男女比半分くらいの会社。そして女性の育休産休の取得率がはんぱない。つまり子供のいるお母さんがたくさん働いている。女性に優しい会社なのである

2年前、忘年会の参加不参加の連絡が回ってきた日の昼休憩時同期はこう言っていた。「子供がいると飲み会断れていいよね~」と。

かにさなお子さんがいる人は飲み会断る人が多い。でもさ、でもさ「だから私も早く子供欲しいなー」っていうのはなんか、違くない?同期さんよ。

去年同期は出産した。そして今年復帰してきた。忘年会の連絡がまわってくる季節になった。

同期は言った。「子供言い訳忘年会休めるからラッキー」と。

なんだかもやっとするのである

私に子供ができたとして、子供言い訳のダシに使うことはしたくないなと思う。行きたくない飲み会はそれとなく理由をつけて断る。行きたくない飲み会に渋々参加するほど無駄時間の過ごし方はない。

彼女は優しい人なので、正当な理由なく飲み会を断るのが苦手なのだろう。(私的には「行きたくない」というので十分な気がするけど)でも「子供」という大きな後ろ盾を手に入れた今は胸を張って飲み会を断れるのだろう。

誰もが自分気持ちに正直に行動できたらいいのにね。そしてそれに寛容な世界になればいいのにね。

  • anond:20191022113006

    誰もが自分の気持ちに正直に行動できたらいいのにね。 そしてそれに寛容な世界になればいいのにね。 気に食わない奴には急に不寛容になるのでそんな世界が来るわきゃないんです...

  • anond:20191022113006

    うんち

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん