2019-09-29

光回線のない田舎暮らしがつらい

私の住んでいる街は光回線が通っておらず未だADSLである周辺地域へ順当に光回線が導入されていったこの十年ほどの間ずっと待ち続けたが結局居住地回線はやってこなかった。

このままでは2023年ADSL回線廃止より先にプロバイダ側のサービス提供が終了し、常時接続ネット環境消滅するのだろう。

スプラトゥーン1を買った。夜間や休日は速度不足のためほぼ100%の確率試合開始直後に切断されたので殆ど遊ぶことはないまま流行は過ぎ去り、2は買う選択肢にも入らなかった。

スマブラを買った。ネット対戦はできたが頻繁に秒単位操作不能時間が発生し相手試合放棄された。対戦ゲームの推奨通信速度は最低20~30Mbps程度必要らしい。その10分の1程度出れば超快適な私の環境ではまともに遊べるはずが無かった。

FGOを始めようとした。リセマラの度に1GB弱のダウンロード必要だった。その日のネット利用を犠牲に数時間かけ1%の鯖を引く試行のくりかえしに疲れた私は結局ゲームを始めることはなかった。

先月、IOSアップデートやWindow10の大型アップデート等が重なったことにより全国的障害が発生したらしいが、私の街では毎月、windows更新データ配信日毎に数百kbps程度まで速度が落ち込む。

ADSL回線とそれ用の設備しかないこの街で一般的更新データの量ですら混雑が起きてしまうのだろう。

つらい。世間では高速インターネットを前提としたサービスが次々生まれ一般人はそれらを享受しているというのに、私は何が映っているかもわからない超低画質でコマ落ちするライブ配信を、未来予知する超能力者たちのコメントと共に眺めている。

複数人が同時にネット使用するたびホームページの閲覧すら十数秒待たされ、数十GBするアップデートファイルのため実質遊べなくなったゲームパッケージを眺めながら悪態をつくも、電車も通らず娯楽の無い田舎ではそれを我慢するしかない。

ADSLは光より快適だからあえて光回線にしていない」という人がいる。それは光回線ADSL利用者分散しているからであり、ADSLしかなく利用者も多い環境では異なる。

「5Gが普及すれば解消される」。過疎地への普及は何年後だ。5Gが定額制で提供されれば格差は無くなるがどうせ従量制になるし、ゲームでは5G無線隊クソラグマン等とバカにされるのだろう。

光回線と同等の値段で家中通信すべてを賄える5Gのプランは出るのか。5G受信機の先は光ケーブルで繋がっているため光回線の敷設は結局の所必須なのだが、敷設計画はどうなっているのか。

NTTサービスセンター電話し話したところによると、NTT署名などではなく公式ページから希望登録者数で光回線敷設の可否や優先度を判断しているようだ。

NTT東日本 エリア検索

https://flets.com/application/

NTT西日本 エリア検索

https://flets-w.com/cart

上記自分の住所を検索エリア外表示が出た場合、そこから利用希望登録ができる。少しでも敷設の可能性を高めるため、未開の地に住む人はぜひ上記登録してほしいし、そうでない人もネット通話や対戦での遅延発生を少しでも減らすためこの情報を広めていってほしい。

また地方自治体の方においては可能なら地域住民登録を呼びかけてほしいものだ。

この日記を書いたのは、つらみを吐き出すためでもあるが、NTT光回線の利用希望登録する方法を周知し多くの人に登録してもらうことで、全国的ネット格差を解消できるのではないかと思ったからだ。

ぜひとも協力をお願いしたい。

  • anond:20190929150051

    そーいう利便性を享受したいならばさっさと都会に出てくるしか無いね。 東京は人の住むところじゃない、地方最高!とか言いながら地方で痩せ我慢してても機会はどんどん失われてい...

  • anond:20190929150051

    北海道の一部や山小屋レベルでもなければとりあえずブロードバンドは来ていることになってるよ。 ADSLがなくなったらケーブルテレビかSoftbankAirみたいなのエリアになるはず

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん