2019-09-12

誰も表情を指定していないのである

消防車のあの画像

絵師さんに表紙を頼んだ話

まず大前提として

指定してない部分がなぜ反映されると思った(表情・雰囲気イメージ・背景)

・気に入らないなら修正をお願いしないとわかりようがない

作品を読んで好意的感想があろうが相互フォロワーだろうがファンとは限らない

・依頼して完成品としたもの自分で手直しするのはぶっちゃけクソ失礼である

まあその辺りは?自覚したらしいんで?次頑張ってね?って程度なんだけどさ?

(ほんとに自覚してるのかな〜こんなに絵師が酷い絵師が酷いアテク可哀想ってのをガンガンアピールしてるし〜)

自分の中でのイメージがあるならそれを明確に説明するくらいの工数はめんどくさがらずに掛けるべきだし 気に入らない部分があるなら修正してもらうべきだし 文句タラタラ未練タラタラでこんな匿名ブログ書いちゃうんならそもそも人に頼むべきではないと思う

相手に手間暇かける申し訳なさがあるならその手間暇に見合った金額以上の金なり謝礼で黙らせる(言い方は悪いがつまり自分自身が手間をかけてもらって当然と思えるほどの謝礼ができてないんじゃないの?)とかさ

つか 文句あるならフリー素材とフリーフォントでも 紙質とシールでも なんならベタ塗りスタンプでもカッコいい表紙は作れるし それも嫌なら納得いく絵が描けるまで練習したらいいのにと思う

ここからマウント自分語り----------

唐突だけど 自分も絵があまり上手くない文字書きである

初めての同人誌(コピ本)制作の時 表紙を頼むツテ自体は3人ほどいた

・絵柄が作風に全く合わない神絵師

同人誌色が強くなる神絵師(いわゆるBLコミック的な受けと攻めの耽美だと作品意図から外れるので)

自分ファンで確実にこちらの要望を叶えてくれるであろう神絵師(先述の匿名ブログの筆者がどの程度仲良かったかは知らないがこの場合ファンは「全作品読んで感想をくれる」「二次創作もしてくれてる」「リアルでも仲がいい」「イラストは任せろと言ってくれる」レベルである)

という贅沢な3択が出来たにも関わらず自作をした 理由は「作風が合わないという理由でリテイクを出したら申し訳いから」である

自分は筆者と違い 出来ないなら出来ないなりの全力を出す人間なので 挿絵は拙いながらも自分で描いた(ぶっちゃけ今見るととても恥ずかしい)

表紙は紙を選ぶところから画材屋とホームセンターハシゴ作風に合う柄の入ったかっちょいい紙を仕入れ

自分ステキ文章の せめて表紙には絶対に半端なイラストを入れたくなかったので どうやったら作風に合い手抜きに見えないスタイリッシュな表紙になるか考えた結果かっちょいい紙に合う色の和紙風のシール用紙にステキフリーフォントでタイトルだけを入れた

ホチキスを隠すシールは迷いに迷って これまたかっちょいい紙に合う色の製本シールを貼った

そうして作ったコピ本はびっくりするほど装丁を褒められ(というか悲しいことに装丁ばかりを褒められ)押し売りに近い形ではあるが時間をかけて全冊捌ききったのは最近の話である

2冊目もコピ本だったが 表紙はチラシ屋に注文して刷ってもらった

こっちは前述の3人のうち 絵柄の全く合わない神絵師に頼んだ 親しい間柄であるものビジネスという形で依頼している 乗り気だったのもあり「お金はいくらでも払う」と言ったところ「そういうのはこちらとしても際限なく注文を付けられる可能性を考えるから困る いくらか決めろ その金額に見合う絵を描くから」という事だったのでやや高めに設定した 自分が「この金額なら多少強気指定できる」と思える金額にした

絶対に譲れない点がいくつもあり その旨をはっきりと伝え 映画観る片手間にではなく対面で侃侃諤諤とデザイン確認し それでもこのデザインはこういう理由オススメできないからと修正余儀なくされ 妥協せず ならばこうはどうだろう ああはどうだろうと話し合った

結果的に 合わないと思っていた絵柄が完璧マッチした完璧な表紙が出来上がった

(もちろんこれは自分努力だけでなく 神絵師スキルの力が大きいという自覚はある)

さら現在進行形の話

自分ゲーム自作をしていて 32×32のドットならそれなりに可愛いものが描けるが 立ち絵となるとやはり自信はないのだった

しかゲームに使う立ち絵キャラが多いこともあり ぶっちゃけ依頼するにはお金が足りないし お金があったとしてもエターナる可能性があるゲームの 十数点(表情差分あり)という膨大な点数を依頼するほど面の皮は厚くない

ファンの神絵師が自ら名乗り出てもくれたが 前述の理由に加え その神絵師は通常のイラストを想定しているが こちらの要望ドットであるという理由から依頼しなかった

最終的に 自分の描ける範囲の絵柄に頭身が近い神絵師に 使途を説明した上で テンプレさらに下書きを作ってもらい 自分でその下書きをなぞってテンプレを作り絵柄を自分に寄せた立ち絵を描くなどして 鋭意製作である(エターナってないと言い張る)

ここまで----------

何が言いたいかって「自分で作れないもん!要望なんて言えないもん!リテイクも出来ないもん!映画先に観たいもん!読んで察して一発で完璧な表紙にして!出来ないなんて酷すぎる!アタシに興味ないんだえーんえーん!」って言ってるバカの表紙を描くなんてぶっちゃけクソめんどいし ついでに言うけど 小説を読み解釈するという行為にもしっかりと工数は発生するのだから やってもらって当たり前と思ってんじゃねえよって話でした

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん