2019-08-21

F先生

小学校の頃、F先生という先生担任だった。

当時のF先生教師になってからまだ1年目か2年目の若い男の先生だった。

F先生の自宅にはメガドライブがあったりだとか、F先生の作る学級便り(当時は手書きだった)がRPG風の物語として構成されていたりだとか、感性若いF先生は、先生と言うより少し年上のお兄さんみたいな存在として特に男子生徒から慕われていた。

客観的に見て顔も爽やかなイケメンだったので、自分はてっきり女子F先生のことを慕っているのだろうと勝手に思い込んでいた。しか三学期の後半ごろだったかほとんどの女子F先生のことを蛇蝎のごとく嫌っているらしいことを偶然知った。男子はみんなF先生のことが大好き。でも女子はみんなF先生のことが大嫌い。当時の自分には不思議に思えた。

今思えば、思い当たる節がないこともない。

F先生は授業中、生徒の集中力が途切れると、授業とは関係ないフリートークを始める事が時々あった。

これ自体はどの先生でもよくやることだと思うけど、F先生フリートークには、なぜか性教育が含まれていた。

保健体育の授業でやるような内容を下ネタ風ではなく真面目に、算数国語時間に教えていた。

しかしたらそういう事を要所要所で教えるガイドライン小学校先生にはあるのかもしれない。

しか先生の教える性教育の中には、いくつか印象深い話があった。

男性女性が性行為をする事で卵子受精し、子供生まれる。ただし性行為を行わなくても子供が生まれるケースもある。

女性性的快感を感じると、いつもより身体が柔らかくなる。女性が股を大きく開いて性行為をするのは、この特性のお陰。

キリスト教世界観でない限り、一つ目の話はおかしい。でも中学生くらいまでF先生の話を科学的な事実だと信じていた。

二つ目の話は、残念ながら自分には今でも事実なのかデマなのか分からない。そんな話F先生以外からいたことが無いが、女性の誰かに事実関係を問い合わせた事はなく、実験を試みたこともない。

冒頭でF先生の自宅にはメガドライブがあると書いたが、これはF先生の家にクラス全員で何班かに分かれて遊びに行くというイベントがあって知ったことだ。F先生の家にはゲームがたくさんあった。

F先生の謎の性教育を踏まえてあのイベントを考えると、色々と妄想が沸き立つ。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん